RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

「気の解明」見本本が来た
0
    「正体を掴み、戦いに活かす! 気の解明」の見本本がようやく届きました。 本文120ページなので、いつもの本よりは薄目。しかし、内容は濃いですよ。 そもそも気とは何なのか?この定義が人によって曖昧です。まずはその定義を明確にしないと論を進められません。 川嶋先生は、この入りからストレート。なるほどこういうアプローチの仕方があったのか、と驚かされます。そして気とは何か?と推論を働かせたら、それを実証する為に、現実的な技術に応用するところが凄い。 この技術は確かに有効であり、結果として川嶋先生の推論の正しさを裏付けることになります。 昔、松田先生に様様な気を応用した技法を学びましたが、正直、半信半疑でした。私みたいなタイプはどうしても科学的な裏付けや検証実験がないと納得がいかない。伝統の教えはこの辺の理論付けがいい加減です。しかし、説明原理がいい加減だから技術がいい加減というわけではないのが伝統武術の難しさであり面白さ。 なぜ、禅が大切で気合いが必要なのか?この辺の説明も極めて納得がいく説明が展開されています。 アマゾンでは8日から発売。全国書店でも間も無く発売。東邦出版から1300円+税 中国武術をやってる人間にとって気の解明はさけては通れない問題。川嶋先生がどうアプローチしたのか興味しんしんです。と瀬戸先生。
    | 出版 | 20:37 | - | - | - |
    ジークンドークラスは土曜日もやります
    0
      ジークンドークラスが増えます。これまで竹内一馬先生のクラスは、ジークンドーが月曜日の夜7時から8時半、カリは木曜日の夜7時から8時半の週2日でしたが、ジークンドーの生徒さんが増え過ぎて、一階道場に入りきれなくなってきました。 そこで、ジークンドーのクラスを増設。3月からはジークンドークラスが土曜日の夜7時から8時半までも行います。 これに伴い会費のシステムも改変。週一回のコースを選択する人はこれまで通り月10000円の会費になりますが、週2日選択する人は18000円。(ジークンドーとカリ、もしくはジークンドーを週2回)、週3回、全てのクラスを選択する人は会費26000円となります。 入会手続きをしてからでも、コース選択は自由に変えられます。 熱気溢れるジークンドーとカリのクラスをぜひ一度体験に来て下さい。 今なら初心者歓迎キャンペーン中なので、入会金無料です。
      笑い声が絶えないジークンドークラス。 生徒さんもだんだん国際的になってきました。
      | BUDO-STATION | 20:27 | - | - | - |
      「気の解明」は2月8日発売
      0
        川嶋先生の最新作「気の解明」の表紙デザインが送られて来て、校正終了。 今回も凄い内容ですよ。サブタイトルにあるように、気の正体を明らかにするだけでなく、気の力を武術、護身、そして日常生活に生かし、いかにして幸せな毎日を過ごすか?というレベルまで応用例が述べられています。 また、マニアが興味深く思うのは、気とは何か?と明らかにする為、科学的根拠をひとつずつ積み重ね、推論していく過程でしょう。私は邪馬台国などの古代史が好きですが、邪馬台国はどこにあったか、という結論よりも、その推論の過程が一番ドキドキしますからね。 武術界においては、「気」はまさに邪馬台国みたいなもの。誰でもその名は知っていても実体がわからない。 私も気については随分研究し、検証してきましたが、川嶋理論の気説は、中国武術の気の説明を否定するものではなく、むしろ科学的根拠を明らかにしてくれるもの。だからミソもクソも一緒に気と語るのではなく、現実的に力を持つ気を抽出し、それを武器化する。 まさに武術の秘伝書。これを読まずして、もう気は語れなくなるでしょう。 無条件でオススメです。
        全国発売は2月8日頃。東邦出版から1300円+税
        | 出版 | 19:58 | - | - | - |
        横山先生は凄いアイデアマンだった
        0
          横山先生登場。ガチ甲冑合戦など、ロマン溢れる試みを日本各地で繰り広げる行動力とバイタリティは本当に凄い。 今回は珍しく、本の企画ではなく、フルコムが新しく展開するビジネス構想のご相談に乗ってもらいました。 もちろんここでは開かせませんが、フルコムのこれまでのノウハウを活かした様様なビジネスを研究中。 私も生徒さんと一緒にネット宣伝の講習会に参加したり、ここのところ新しい勉強に追いまくられています。 なにしろブドステには有能なビジネスマンの生徒さんも多く、様様な協力やアドバイスをしてくれるのです。 とくにネットを始めとして、宣伝媒体や手法は激変。当然、紙の本のあり方もこれまでと変わってきますし、情報の発信媒体も日々研究していかなくてはなりません。 私の八極拳オンラインクラスもそうした試みのひとつ。 未知の仕事は半分不安ですが、ワクワクも大きい。横山先生のおかげでまた、ワクワクすることが増えそう。今年は面白いぞ。
          私と瀬戸先生の蟷螂手に挟まれてなぜか横山先生や稲葉さんも蟷螂手。凄い絵だなあ。
          | BUDO-STATION | 00:11 | - | - | - |
          準備動作こそが秘伝
          0
            八極拳オンラインクラスの第四回配信は架式と勁道。発勁と立ち方の関わりを分かりやすく解説しています。いわゆる立ち方ですね。 第三回は発勁の準備動作、と一見地味に見えますが、これが一番大切。 拳功房では、こうした準備動作を毎回一時間やった後に、移動稽古や型に移行し、徐々に対人稽古や自由組手が多くなる稽古体系。だから組手好きの人は夕方から来て、基本好きな人は午前中にきます。 なにしろ朝10時半から夕方5時までノンストップですからね。 で、うちの師範代的存在の生徒さんが、「朝の基本が一番大切なのに」と先日ボヤいてましたが、上級者になるほど基本の大切さを実感し、初心者ほど基本の大切さにピンと来ない傾向があります。 なにしろ自分の身体が自分の思う通り動かせなければ発勁など出来る訳がありません。 しかし、初心者は発勁や寸勁が技術だと思うようです。脱力も広い意味では技術ですが、中国武術の場合、もはや体質改善と言うに近い。だから時間がかかるし、基本身体操作が大切。「準備動作が一番の秘伝かもしれないね」と私は師範代格の生徒さんに答えたものです。 例えば劈。いわゆる手刀打ちですが、手は身体の中心から打ち出します。
            右骨盤と右肩甲骨を上に上げ、
            両手はムチのように脱力し、

            右手が下がると左手は上がり、
            骨盤と肩甲骨と共に打ち下ろします。 予備動作がなく、身体の中心から打ち出す北派中国武術独特の身体操作。こうした基本身体操作をオンラインで紹介しています。
            | BUDO-STATION | 20:28 | - | - | - |