RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

ジークンドーブームの今だからこそ
0
    ヨリちゃん登場。読者から要望の多かったブルースリーズジークンドーの改定増補版の打ち合わせの為です。打ち合わせの結果、ジークンドーが誤解されやすいコンセプトについて新しく描き下ろし部分を追加してもらうことにしました。ジークンドーは様々な武術を取り入れて発展していきますが、ごっちゃにしていいと言うことではありません。よりシンプルに、よりダイレクトに、などジークンドーの戦いの核となるコンセプトを守りつつ、様々な武術のメリットを取り入れていくのです。言いかえれば、最初はジークンドーの基本を正しく身につけることが前提。良く格闘技大会にジークンドー習得者を名乗る選手が出場しますが、彼らは正確には自称ジークンドー家。単にブルースリー好きの格闘家、という程度の意味ですから誤解しないで下さいね。 中国や香港には、夢でブルースリーに習った、と言って堂々と道場を開いている人もいるくらいですから。 とくに今は岡田准一氏や、ジャニーズメンバー、品川祐氏などが、中村先生からジークンドーを学んでいるため、ジークンドーが大注目。小さい子には名探偵コナンの人気キャラ世良がジークンドーの使い手なので、ジークンドーの名前は一般にも広まりました。 そんな時代になったからこそ、正しいジークンドーのコンセプトを我々が伝えていかねばいけませんね。 ヨリちゃんも大感動のムエタイ本と、今は絶版中のブルースリーズジークンドー。新装改定版作りますよ。 ちなみに私が手にしてるのは、昨日、週女の由井さんからお借りしたアグネスチャンの45周年記念本。知り合いにしか配らない超レアアイテム。
    | 出版 | 19:05 | - | - | - |
    川嶋先生と野沢君のユニークトレーニング
    0
      今日は昼間は三鷹の孝真会。私は新しい書籍の打ち合わせで川嶋先生を訪ねたのですが、行くと既に汗ビッショリの野沢君が。来年三月にプロデビューが決まった野沢君に対し、川嶋先生が練習相手を買ってでてくれたのです。既に今書籍制作中の最新内発動トレーニングを終え、これからミット3ラウンド。途中、相対軸を使ったジャブの厳しい指導も。汗ビッショリのあとは、椿山荘でのプレミア和歌山のマスコミ試食会へ。 週女の由井さんから、「ただでうまいもん食えるぞ」というお誘いがあったのは言うまでもありません。和歌山はみかんや梅干し以外にも熊野牛やほろほろ鳥、生シイタケなど食材に恵まれた食文化が発達した地。実際、これほどの料理にはめったには出会えません。 野沢君もたっぷり栄養補給ができたみたいですが、明日からも厳しいトレーニングが待っています。あ、あと仕事もしないと。 川嶋先生のミット。相対軸的なノーモーションでないと、ミットはよけてしまい、空振り。ユニークなミットトレーニングです。 これは川嶋先生の内発動を使った合気上げ。簡単に誰にでもできてしまいます。 全身の体重をかけてもフワリと浮いてしまいます。 和歌山の梅酒で乾杯。 蛋白質を補給する野沢君。
      | 日常 | 23:51 | - | - | - |
      太極拳も昇運法だったのか。
      0
        週女の由井さんから龍羽ワタナベ著「陰陽五行昇運法則」が送られてきました。しかもサブが最強のなりたい自分になれる!これは中国武術をやる人の本か?と思って1日で読破。 もちろん中味は中国武術の本ではないですが、陰陽五行の法則は、太極拳をやる人間にとっては必須。今、私がやってる楊家は蘇昱彰先生からマンツーマンで教わったものですが、その基本は九宮八卦気功という、身体能力開発法がベースとなっています。太極拳が健康にいいのは五行がバランス良く発達するから。自分の足りない五行を補っていくわけですが、何とこの考えは昇運法則と同じ。この本では生年月日や、体質から各自の五行の強いものと弱いものを割り出し、足りないものを補うと何事も上手くいく。なんと太極拳と同じ考えなんですね。 ちなみに私は金が強く、目標に向かって一直線。鋭い洞察力あり、自信家だが、天然ボケ。だそうです。足りないのは火。心臓や脳に要注意。うわ、蘇昱彰先生に言われた注意点と同じだ。火を補うアイテムは赤なので、早速先日ヨリちゃんからいただいた赤いジークンドーパスに定期入れ換えました。これで金運も良くなるといいなあ。
        「陰陽五行昇運法則」(龍羽ワタナベ著 主婦と生活社 1400円+税)と赤いジークンドーパス
        | 出版 | 17:56 | - | - | - |
        自分より大切な自分の身体とは?
        0
          一応文章でメシ喰ってるので、最近な変な日本語には、NG出しをしておきたい、という愚痴です。ユーチューブなどでアップされてるキックの指導風景で「蹴りの瞬間、軸足の踵を上げてあげて下さい。」上げて上げる?二回上げるのか?と思うとどうも本人は丁寧語を使ってるつもりのようです。最近良く耳にしますね。女性用のCMで「お肌をいたわってあげて下さい」的な表現を、若い人がマネするんでしょうね。「膝を上げる」「お肌をいたわって下さい」で良いのです。 他動詞を無理やり丁寧語にしたいのでしょうが、〜してあげる、は元々対象者が自分より格上の人に対する丁寧語。自分のお肌や身体を対象にして格上視してるのが、非常に違和感を感じて気持ち悪いのです。 女性の場合は自分のお肌や身体をそこまで大切にするのもある意味ありかもしれませんが、少なくとも格闘技の指導者が使う言葉ではないでしょう。厳密に言えば文法的にはギリギリ正しくとも、文脈の中で適切な言葉の選択ではないと言えます。 最近はスポーツジムのトレーナーなどもやたらに〜して上げて下さい、を連発していますが、この流れはどうにかならないのでしょうか。もちろん自己の肉体を格上視するのは個人の自由ですが、私は個人的には、「自分の身体など消してしまえ!あると思うから痛いのだ」と徹底的に自己の肉体を乱暴に扱う黒崎先生の思想こそ、武術や格闘技の本質を言い現わしていて、好きですが。
          | 日常 | 19:59 | - | - | - |
          野沢君M-ONEでプロデビュー決定か?
          0
            3月20日のM-ONEに野沢君がプロのリングでムエタイ試合か? 今日はムエタイのDVDの仮編集が済んだので、ウィラサクレック会長の元を訪ね、全編チェック。気合い入れ過ぎて作ったため、一本では到底入りきれず、上巻が打撃編、下巻が首相撲とトレーニング編になってしまいました。スローやストップモーションを多用し、ムエタイ王者たちの細かな動きまで皆さんに伝えようとして、時間が長くなってしまいました。しかし、その小さな動きが、実は日本人にとってはむちゃくちゃ大切。本に書ききれなかった大切な部分を全てブチ込んでしまいました。例えば、首相撲の崩し。片手を首にかけたら、タイ人は一瞬腰を落とし、ブラ下がるように体重を相手に乗せるので簡単に相手を崩せます。崩した後の膝蹴りも、タイ人は必ず前足を半歩出し膝蹴りへ。日本人にはこの辺が出来ない。やってみると実に簡単なので要は知ってるか知らないかの問題。知ったらそれがクセになるように意識して練習する。最短で強くなるには、強い人の身体操作を分析し、身につけることですね。そうした意味では、ウィラサクレック会長の本もDVDも最短で強くなるヒントが満載。 そんな本やDVDで強くなるヒントを知ったら、あとは実践と証明のみ。というわけではないでしょうが、ムエタイ技術を正確に身につけつつある野沢君に、私はプロのリングで戦うことを勧め、今日、ウィラサクレック会長も快諾。次のM-ONEは来年3月20日なので、オープニングファイトでプロデビューの可能性が高まってきました。53歳のプロデビューは史上初でしょうね。 ウィラサクレック会長にお願いしたら、次のM-ONE参戦を快諾。でも53歳でフェザーからバンタムって対戦者探しが大変。会長は一言「大丈夫!」 会長とDVDチェック。「タイでもこんなに詳しく教えてくれない。皆試合経験を積んで学ぶだけ。」とウィラサクレック会長。ムエタイの秘密が明らかに。 今日は会長の手作りタイ料理。盛り付けもこんなに綺麗。味も抜群。
            | DVD | 19:33 | - | - | - |