RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

内発動は誰にでも再現可能な武術の極意
0
    演武会7番目は川嶋祐先生。相対軸や内発動など画期的な理論を武術界、スポーツ界に投げかける川嶋先生ですが、先生が凄いのは、理論倒れにならぬよう、必ず自らの身体で検証と実証をすること。演武会でも、6センチ角の角材を下段回し蹴りで真っ二つにし、相対軸理論が物理的に効果があることを実証しました。また、型分解による身体操作や技は、自ら12月の素手顔面、金的有りの達人ルールに出場し、戦いを通して検証しようとしています。 その川嶋先生は内発動理論を整理し、その動きがそのまま護身に応用できるような体系を完成。個々の動きは怪我予防やダイエットにもなるというから驚きです。しかし、内発動理論の体系を貫くのは川嶋先生の武術観です。いかに危険を事前に察知し、回避、逃走するか?その訓練方法も内発動の基本に入っています。いわば、理論的に人間の潜在能力をアップする体系なので、当然スポーツや日常生活にも応用が利くわけです。 この画期的な内発動講座は毎週木曜一時から。単発参加の要望も高いため、一回3000円の講習参加も可能になりました。詳しくはウェブで。
    体重が前足に乗り切る前に蹴りがヒットする相対軸的下段廻し蹴り。運動エネルギーが目標にロスなく伝わります。
    正座して、押されても倒れません。下腹の結合がポイント。太極拳の重い身体もこれが秘密かも?
    二本指を捕まれたら、腕の力では返せません。
    しかし、肩甲骨を上手く使うと相手が崩れます。合気か?気の力か?実は内発動なら誰にでもできてしまいます。
    | BUDO-STATION | 18:25 | - | - | - |
    沈剛先生の身体には、歴史が息づいている
    0
      演武会六番目は沈剛先生の呉式太極拳。まず、先生達の肖像写真と共に、呉式の歴史から語るのは沈剛先生らしかったですね。 呉式太極拳第五代伝人の矜持でしょう。伝統武術には、正しい伝承と先生へのリスペクトは不可欠です。それが近代武術との差異であり、良くも悪くも伝統武術の本質と関わっています。 陳式から派生した太極拳は、楊家で柔の体系化がなされ、その路線をさらに徹底して、柔の極地を目指したのが呉式ある、と私は考えています。その呉式が、中国では最も実戦的な太極拳と位置づけられてるのが興味深い。例の公開決闘や、呉艦泉、馬岳梁と実戦名人を輩出したことがイメージとして大きかったのかもしれません。その馬岳梁先生と呉英華先生に子供の頃から直接手を触れて呉式を学んだ沈剛先生の身体には、そのまま太極拳の歴史が息づいています。見てるだけではわかりませんが、沈剛先生の身体を押したり引いたりすると、その歴史が突然顔を出し、跳ね返されます。感動しますよ。今の日本にこうしたコンフーを身につけた達人が身近にいることは奇跡ですね。 ぜひ一度沈剛先生の身体と接触し、太極拳の柔の武術を体感して見てください。 沈剛先生は毎週水曜夜七時から。
      呉艦泉や馬岳梁の写真を披露し歴史を語る沈剛先生。

      13式推手。呉式独特の13式は長い間秘伝として公開されませんでした。
      呉式には様々な武器が伝わります。秘伝の乾坤剣。静かなのに鬼気迫る迫力があります。
      | BUDO-STATION | 15:01 | - | - | - |
      空手とクラヴマガが融合した
      0
        演武会の5番目はアヴィ・マザルト先生のクラヴマガ。アヴィ先生は本場イスラエルで一般人の護身用だけでなく、イスラエル軍に入隊し、警察用や軍隊用のクラヴマガのインストラクター資格まで取得した本格派。さらに松濤館空手のイスラエル王者にもなり、世界大会でも準優勝するほどの空手の腕前。 だから、アヴィ先生のクラブマガは単なる護身術ではなく、しっかりとした対人技術を基礎にしたリアリティと武術的な奥深さがあります。 武術的に深めたクラブマガをアヴィ先生はIKMFクラブマガと名付け、自衛隊や在日米軍、警備会社などでも指導。その中でも今回は、一般人向けの護身術を紹介してもらいました。 女性を対象にした簡単な護身術から、隊複数、対武器の基本的な動きまで。空手の得意なアヴィ先生のクラブマガなので、空手修行者は逆に馴染みやすいようです。本来、空手などの伝統武術は格闘技というより、クラブマガ的な護身術の要素が強かったはずなので、型の分解や応用にもヒントになりますね。 アヴィ先生のクラブマガは11月から。火、木、金の夜。週一回から三回までの各コースあり。今は入会金無料キャンペーン中です。

        対ナイフの演武。
        隊複数の練習を基礎から行うのもクラブマガの特長。
        | BUDO-STATION | 16:02 | - | - | - |
        アヴィ先生のWAR ZONEは凄かった
        0
          今日は千葉県の印西市のアヴィ先生が経営するWAR ZONEを打ち合わせの為訪れました。クラブマガは一般人の護身用、警察用、軍隊用と、内容が異なりますが、軍隊用のミリタリークラブマガは銃の扱いや戦い方が主になります。銃を持っていかに敵を制圧するか。また、相手の銃撃をいかに交わすか?そんな指導の為に一番効果的なのがペイントボールをつかったサバイバルゲーム。そう、ここはリアルな戦闘を体験できるアヴィ先生考案のサバイバルエリア。様々な障害物のあるサバイバルフィールドの他に自然の森を生かしたグリーンゾーン、他にも射撃場やボルタリング、ジップライン、トレーニングコース、キャンプ場まで揃った一種のミリタリーアミューズメントパークですね。 私もペイントボールを撃たせてもらったり、アヴィ先生とレーザー銃で対戦させてもらったりしました。私も動きはすばしっこい方だと思いますが、さすがにプロにはかないません。しかし、子供の頃大好きだった西部劇ごっこを思いだし、大興奮。 こんな武術の学び方もあったのかと目からウロコです。 そのアヴィ先生のクラブマガ、11月から火、金の週二日を予定していましたが、道場が一階にも開設出来そうなので、木曜の夜も加えて週三回ペースで開講予定。 ペイントボールもやって貰おうかなあ。 WAR ZONE ??047-699-2260 千葉県印西市師戸2348
          ここがWAR ZONEの入り口。
          ズラリ揃ったペイントボール銃。
          私も撃たせてもらいましたよ。20メートルの距離からほぼ的中。撃った衝撃が本物の銃っぽい。
          ここがペイントボールフィールド。様々な障害物はアヴィ先生の手作り。
          地下壕もある。

          迷路みたいなゾーン。
          森の中で戦うグリーンゾーン。
          レーザー銃でアヴィ先生と対戦。私の胸のカラー表示版が撃たれると緑から黄色、赤に変化。
          | 取材 | 19:59 | - | - | - |
          竹内先生の24式から武術の極意を学ぶ
          0
            演武会の4番めに登場していただいたのは、竹内健二先生。24式などの制定太極拳で全日本二連覇。東京都大会23年連続優勝という、日本人で最も太極拳を美しく演じると言われる先生です。 私が竹内先生に、BUDO-STATIONでぜひ、とお願いしたのは、私自身、竹内先生から多くの学びのきっかけを与えられたからです。 私が松田先生から中国武術を学んでいた40年前の時代は、中国武術界は玉石混合。自分達の学んでいる中国武術だけが本物で、他は不完全な物。表演などは表面だけで中身がないので問題外。という雰囲気でした。 当時は極真人気が盛りあがり、極真が寸止めは型ばかりやる空手ダンス、などと批判していたのと同じ雰囲気ですね。 私もそんな空気の中で育った訳ですが、竹内先生とお付き合いする内に、自分の偏狭な武術観に次第に気づかされました。 武術は戦う前に、先人の伝える身体操作を正確に身体に浸みこませねばなりません。その前に格闘技的な組手をやっても格闘技的には上達しても武術的深化と必ずしも一致しない。むしろ、全然違うものだ、ということが次第に私にも分かってきました。 すると、下手に組手を研究する中国武術修行者より、表演一本で身体操作をひたすら磨き続ける人の方が正しい修行段階を踏んでいることになる。まずはコンフーを身につけろ、ということですが、それが松田先生の教えの第一だったと、今さらながら気づきました。 ですから、BUDO-STATIONにお招きした先生方は竹内先生、沈剛先生、瀬戸先生、川口先生、いずれも素晴らしいコンフーの持ち主。武術はまずはここからスタートです。 竹内先生の太極拳クラスは毎週金曜一時から一時間ずつ3クラス。来週から始まります。
            得意の42式太極拳を演じる竹内先生。
            こちらは42式太極劍。いい套路ですね。
            | BUDO-STATION | 14:57 | - | - | - |