RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

ご協力ありがとうございました
0
    皆さんのたくさんのご協力ありがとうございました。無事、藤原敏男vs土谷亮の試合映像、手に入れました。 早速ムエタイ関係の大先輩に連絡すると、なぜそんなに早く手に入れられたんだ!と驚き、喜んでいただきました。 皆さんがシェアを80件もしていただき、多くの人から情報が集まり、最速で確実な入手方法がわかったおかげです。ご協力ありがとうございました。 早速昨日映像を見たら、藤原選手が前蹴りで口から流血して大逆転した、というのは私の記憶違い。これは鈴木勝幸戦で、土谷戦は、藤原選手のパンチの内側から土谷選手が鋭くストレートをカウンター。額を流血したものでした。その後、もちろん藤原選手が大逆転。 鈴木戦と展開が似ていたので、記憶がゴッチャになってました。なんせ40年以上前の記憶なんで。 それにしても今見ると驚くのは藤原選手の身体操作。鈴木選手も土谷選手も強いのですが、身体操作が根本的に違う。これだけ全身を脱力し、身体の隅々まで総動員し、藤原選手は戦っていたのですね。今、自分が武術の身体操作が色々とわかって、藤原選手の動きを見ると驚くことばかり。改めて藤原の前に藤原なし。藤原の後に藤原なし、と言う言葉を思い出します。 まだ藤原選手の試合映像を見ていない方は一度は見て下さい。勉強になりますよ。
    このVHSに土谷戦はしっかり入ってました。鈴木戦も凄いですよ。
    | 日常 | 15:22 | - | - | - |
    藤原vs土谷戦 探してます
    0
      皆さんにお願いです。私の恩人であるムエタイ関係の大先輩が、あまり健康がよろしく無く、死ぬ前にぜひもう一度見返したいキックの試合がある、と連絡がありました。 「藤原敏男vs土谷亮 の全日本ライト級タイトルマッチ」です。たしか昭和50年前後に東京12チャンネルで放映された試合です。 土谷選手の前蹴りで藤原選手が口から血を出し、前半は土谷選手有利。しかし、後半藤原選手が猛烈な反撃を開始し、一気に不利な状況をひっくり返した伝説の試合。 私もリアルタイムで放送を見て、手に汗をかき、藤原選手を応援していました。 しかし、土谷選手だけでなく、鈴木勝幸選手や玉城良光選手など、当時の日本選手は皆藤原選手をあそこまでおいこんだのですからレベルが高かったですね。 そのキック黄金期をかざる藤原vs土谷の名勝負の映像をもし、お持ちの方がいたら、メールでもメッセンジャーでもかまいませんので、ご一報いただけたら幸いです。 fullcom@netpro.ne.jp
      私にとっても藤原敏男は永遠のアイドルです。
      | 日常 | 21:17 | - | - | - |
      「THE内発動」今度はDVDで。
      0
        いよいよ「THE内発動」の見本本が上がってきました。アマゾンではもう発売になるかもしれませんね。 さらに今日は筆者の川嶋先生が来社。本をお渡しする為ではなく、本の内容を映像化するDVD撮影の為です。ナイハンチの型の撮影や用法などはスムーズに行きますが、問題は内発動の様々な理論解説。専門用語や微妙な言い回しが多いので、噛まないように喋るだけでも大変。DVD撮影の時にはさらに、車やバイクの音、子供の声など撮影を邪魔する雑音が入ると撮り直しになるので、集中力を持続させるのはキツイですよ。 苦労して撮影は終了しましたが、いやはや今回の内容も凄い。空手をやっている人にとってはナイハンチの型や、基本の正拳突き、ナイハンチの歩法などが全て深い意味があり、内発動を習得する最短で確実な練習法だと言うことがわかるでしょう。 空手修行自体が面白くなること必須。「THE内発動」見逃せませんよ。 東邦出版から。1389円+税
        今回は版が大きくて2色刷り。誰にでも分かりやすく解説してます。
        撮影の合間、アンチョコのように自分の本でチェックする川嶋先生。
        川嶋先生のナイハンチ。

        撮影終了バンザーイ。
        と騒いでいたら一馬先生登場。なんと、自分のクラスがないのに、道場の掃除とリフォームの為にやってきてくれました。一馬先生もお勧めする「THE内発動」です。
        | DVD | 22:39 | - | - | - |
        球門体を生かすと太極拳は戦える
        0
          昨日の拳功房の太極拳組み手。太極拳の組み手法は、多くの人が試みていますが、大体約束組み手的であったり、いきなり格闘技的になるかのどちらか。太極拳の強さの質がわからないと、それを伸ばす為の練習法が思いつくわけがありません。 その説明を詳しくしたら、本一冊文の文が必要になるので、皆さんがついてこれなくとも、ポイントだけ書きますね。 太極拳の組み手はポンが基本。全ての勁はその応用変化です。ポンを組み手でつかいこなすには、私が著書で発表した球門体の意識が必須。この球門体は、これも私の著書で発表した他律動作と自立動作が融合した意識です。 また、ポンは太極拳流派によって解釈が様々ですが、我々はポンは腎の勁。すなわち水。時には洪水のように、時には染み込むように変化するので、技的に限定できません。 組み手は自分の球門体を守り、相手の打撃を門内に入れない。逆に自分の球門体を相手の身体にぶつけていくと、相手は崩れる。 これを互いに行うだけです。もちろんそれにいたる段階的練習法もあります。それが推手ですね。 この短い文章で何言ってるかわからないのは当然。練習して体感、体得していくものですから。練習好きのオタクには拳功房は面白いですよ。
          これは一方が自分の球門体をぶつけて行くのを一方が捌き、もし隙があれば自分の球門体をぶつけてもいい組み手。自然に太極拳の技法は出ます。
          | BUDO-STATION | 17:49 | - | - | - |
          タイ人の強さの秘密は蹴りだけじゃない
          0
            今日は練習の後、野沢君とビールを飲みながら、k-1とRISEの放送を観戦。k-1では、ゴンナパー選手がやはり強かった。RISEでも、那須川選手の相手のロッタン選手の強さが目立ちました。どちらのタイ選手も、攻撃のキーポイントは実はボディ打ち。地味な技なので、皆みのがしてしまうのでしょう。 ゴンナパー選手が安保選手に顔面パンチを入れる前には、必ずボディを入れている。これが効くから、次のパンチが避けられない。 でも、観客も審判も顔面パンチばかり目がいきますからね。 RISEの那須川VSロッタン戦もタイ選手のボディ攻撃のうまさが目立ちました。しかし、解説では、有効打は那須川、プレッシャーでロッタン。と語ってましたが、ボディの怖さを知らないとこういう見方になるんでしょうかね。 実際、本戦でロッタン選手の勝ちにつけた審判がひとりだけと言う判定にはびっくり。ロッタン選手のボディ攻撃はあきらかに那須川選手にダメージを与えていたように、私には見えました。 ま、私にはわからないRISEの判定基準があるのかもしれませんが、不利な展開であったことは、選手自身が一番わかっていたのかもしれません。 試合後、那須川選手は「試合に勝って勝負に負けた」と語っていましたが、主催者も無理に那須川選手の無敗伝説に固執する必要はなかったでしょう。シビアに本戦で判定を出し、勝負の厳しさを知るのも、若い那須川選手が今後も成長する為には必要な試練だった気がします。
            | 大会 | 23:18 | - | - | - |