RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

今日は恒例 誕生カラオケパーティー
0
    今年もまたこの会がやってきました。4月21日前後が誕生日の私、三ツ山さん竹内一馬先生のトリプル誕生パーティーカラオケ会。 由井さん親子の他、竹内姉妹、竹内健二先生、野沢君と言ういつものメンバー。 私は練習後で、三ツ山さんは年に一度のお茶会を主催した後。そのせいかいつもより酔いの回りが早いようです。 去年は野沢君が酔って階段からダイビングしたし、今年は道で携帯を落としたようです。気を許せる仲間との飲み会だからこそ、私も野沢も安心して酔っ払えるんでしょうね。 今年で私も64。でもまだまだ武術は進化の途中。今年はどこまで行けるでしょうね。 いつものメンバーです。 三人は色々プレゼントをもらいました。アグネスチャンから由井さんさんにきた年賀状も。ちなみにアグネスチャンも私と同い年ですよ。 竹内姉妹のデュエットは凄い。 由井家のデュエットも凄い。
    竹内健二先生と野沢君の悪魔君デュエット。
    | 日常 | 22:49 | - | - | - |
    川嶋先生がついに武術界を壊す?
    0
      今日は孝真空手の川嶋先生を訪ねました。新しい書籍の打ち合わせ。川嶋先生の理論は文字通り日々進化しているので、ちょっと目を離すと大変なことになっていますよ。 今回は、始めは上達論がテーマだったのですが、打ち合わせを進めるうちに、武術自体のカテゴリーや価値観を根本から揺るがすようなレベルまで至ってしまいました。 合気道や太極拳がなぜ実際の組み手に使えないのか?その体系内に入ってしまうと、逆にその非実戦性に気づかないのはなぜなのか? 空手をやってる人達に言わせれば、「そりゃ組み手をしないからだよ」と言うでしょうが、実は空手の人達も空手の型が使えないことに疑問を持たず、またなぜ使えないのかの分析をしない。 型と関係のない空手ルールの中の動きを身につけ、「空手は合気道や太極拳と違って強い」と言っているだけなら、実は一緒なんですね。 武術の根本まで掘り下げると、いずれの武術も未完成だと言うことが分かってきますが、こんなことを本に書いたら大変なことになりそう。うわあ、今回の本も難しそうだ。
      手首と甲を一直線にして拳頭で打つのが空手の正拳。しかし、正拳はこの握りで本当にいいのか?
      今の川嶋先生の握り。軽く握り、手首が曲がっています。ちょっと松濤会の正拳に似ています。
      縦拳でも横拳でもなく、斜め拳ですこし人差し指の第二関節が出てる。ミットでうけたら、この突きはミットを突き抜け、身体に浸透してきました。まさに内家拳の浸透勁そのものです。
      川嶋先生の手刀。縦の螺旋が効いています。
      | 出版 | 19:33 | - | - | - |
      八極拳オンラインクラス初のスクーリング
      0
        今日は八極拳オンラインクラス初のスクーリング。北海道や島根などの遠くからわざわざ来られた人もいるので気合いはいりましたよ。 2時から6時までノンストップ。基本の準備運動から基本4本までを集中して行いました。 ただし、私のことですから当然脱線。途中、くずしてのカオの対打や、拳を螺旋で握る寸勁の練習まで広がってしまいました。 しかし、これが私の指導パターン。基本をやったら、応用の秘伝をすぐにやってしまいます。秘伝は基本の延長ですから、秘伝の後に基本に戻ると、皆、それまであまり気乗りしなかった基本練習を、いきなり目を輝かせて行うようになるのです。 それにしてもオンラインの生徒さんは飲み込みが早い。今日、この時しか時間がないので、私から全て吸収しようとしています。 何か昔、私が松田先生の一挙手一投足の全てを注視し、盗もうとしていたことを思い出しました。 オンラインの生徒さんにも松田先生の武術は確実に受け継がれつつあります。
        ミットを使った寸勁練習。第1段階の練習です。
        寸勁を理解すると、馬弓捶の基本でも、拳に螺旋を集中するようになる。
        全員で記念撮影。このあとは全員でネパール料理屋で打ち上げでした。
        | BUDO-STATION | 20:51 | - | - | - |
        健康にいい発勁
        0
          今日は月曜。日曜日は朝から夕方まで7時間近くぶっ通しで動いているので、当然翌日には筋肉が疲れています。 その疲れた場所で、前日の練習の質がある程度判断できます。 いい練習ができた翌日は、骨盤周りがコルセットをしているように張っているので、その上に脊柱がまっすぐに立ち、首もピン!と伸びる。そう、いい練習をすると骨が伸びて姿勢が良くなる気がします。 逆に肩甲骨が張ったり、腰が痛くなる時は割と力任せで練習した時ですね。 翌日、いい疲れ方をするのがいい練習、というのが最近わかってきました。 八卦掌や順式呼吸を正しくやると、脊柱が伸び、腰の痛みも取れるから不思議。健康法のクラスの会員さんなど、50歳を過ぎて、身長が1センチ以上伸びてしまった人もいます。 また、松葉杖をついていた人も、腰の痛みが取れ、翌週には元気に運動を。 踵から脊柱を通して波運動を首の後ろまで伝えていく順式呼吸の運動はオススメ。ユーチューブでも紹介しています。 仙骨を入れ、正しい馬歩の姿勢を作るのがポイント。お尻が出ると波運動ができません。 下腹に息を吸い、 吐きながらお腹を前に。
          さらに胸を前に出すと胸が広がる。これが順式呼吸の発勁動作になります。
          | 拳功房 | 16:19 | - | - | - |
          新元号「令和」の意味とは?
          0
            新元号は「令和」。そういえば少し前に元号の名称をスクープした騒ぎがありました。その時は「永光」でしたが、やはりガセだったんですね。 新元号に対し、天皇に時間を支配されたくない、と一部のレフトの人は騒ぎますが、この人達が反対するということは、日本人のアイデンティティには元号は欠かせない、ということでしょうね。 ある調査で自国に生まれてよかった、と言う比率が高いのが、タイと日本とイギリス。いずれもキングの存在する国で、国民はキングが大好き。やはり人心をまとめるには象徴的な人物が必要なんですね。 ちなみに「令和」は、万葉集を原点とする言葉と言われていますが、もちろん建て前でしょう。「令」や「和」の言葉はあっても「令和」と言う言葉は万葉集にも中国の古典にもない。問題はなぜ数ある言葉の中から「れいわ」という言葉を選択したか?そこに選定者の意思がある訳です。 結論から言うと、「礼」と「和」でしょう。今後日本が多国籍化していく中で、日本人のアイデンティティを保持していくキーワードが「礼」と「和」です。日本的な文化とコミュニティをいかに維持していくか? 今後の我々には、そんな課題が課せられている。その覚悟を新元号が促している気がします。
            | 日常 | 18:29 | - | - | - |