RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

林先生喧嘩術の極意を伝授
0
    拳功房でナイフで首を斬られたら、どう対応するか?と言う身体操作を練習していたら、今のはどうやったの?と突然林先生登場。 本当は5時半に日暮里で待ち合わせしていたのですが、生徒の試合が早く終わってしまったのでしょう。 4時頃に早くも道場についてしまったようです。 私が見本を見せ、生徒のナイフを0、1秒くらいの反応でよけていたら、その身体操作は最も速い。と林先生。全身の力を抜いて、身体の奥の筋肉を震わせるようにして動く。プルン!と震えるように動きつつワンツースリーまで出す。格闘技でもすばやく動くときに使える。と林先生。なんと喧嘩術にもやはり身体を速く動かす身体操作はあったのです。 今、川嶋先生が気の力の解明の原稿をすすめていますが、林先生も経験的によく似た動きをします。経験を積むと、一瞬の攻撃にも人は対応できるようになります。 林先生がおっしゃるように、その前提は全身の脱力。これができると震わすだけで距離がなくとも威力も出せる。全く中国武術と一緒ですね。こうした高度な身体操作は武術や流派を超えて共通しているようです。 今週の金曜の夜からは私を中心にそうした研究会を発足させる予定です。参加者は拳功房の黒帯以上。今のところ一般募集はなし。 武術の研究は奥に行くほど面白くなってきますね。
    ナイフ受けの練習中に突然登場する怪しい人物。
    身体を震わせる身体操作を見せる林先生。肩甲骨を上手く使います。
    林先生の寸勁は威力ありそう。

    後ろから殴られたらどうするんですか?という佐藤君の質問に、ワシは大丈夫。パンチがツルツルで滑ってしまうから、と喧嘩術の極意を伝授。
    最後はやはりこれでしょ。今回のテーマは喋る男は女にモテない。
    | BUDO-STATION | 20:42 | - | - | - |
    良く見える唯物史観
    0
      本棚を整理してたら、若い頃に読んだ秋間実氏の「唯物論とは何か」が出て来て、パラパラと見ているうちにあまりに面白くて全部読んでしまいました。 74年当時は、共産主義が理想で、ソ連が理想の国と考える知識人も多くいました。この本で、その理論的背景が良くわかります。 面白いのは、その理論を徹底すると、なぜ朝日新聞が捏造記事を書くことが正義だと思ったか?いや、今でも思っているのか、などひと昔前の、知識人(?)の思考方法が分かってくることです。 この本の主張を簡単に言うと、人間はその時代の生産諸関係に影響を受ける。労働も精神も影響を受ける。だから、労働や精神を良くするには社会の生産諸関係を変えねばいけない。これが革命理論につながるわけですが、ポイントはそこではなく、人間は社会という下部構造に影響されているという視点で、科学も文化も捉え直さないといけない、という理論。 歴史も文化も唯物史観という色メガネをかけて見よ、というわけです。それが歴史を発展させる運動だ、と本気で信じてたんですね。 当然、資本主義を進める層は歴史の進歩を逆行させる悪い奴、と見なされます。 恐ろしいのは、こうした考えを真に受けて、一時、日教組などが本当に教育現場で唯物史観や反日教育を行っていたことです。 その名残りは今でもあり、高齢者は朝日新聞が好きで安倍政権は嫌い。アメリカは嫌いで中国は大好きです。 でも歳を取るほど色メガネは外しにくい。 視界が広く、良く見えるメガネを常に用意しておきたい。と武井咲さんも言ってました。
      | 日常 | 19:27 | - | - | - |
      ドラゴン魂2で黒崎イズムが蘇る
      0
        今日は川保天骨氏が、まもなく発売の「ドラゴン魂2」を持って参上。本名は多田君なので、私はつい本名で呼んでしまいます。私がフルコンを作ってた時、カメラマンをやってもらってたのでもう何十年ものお付き合い。編集者とカメラマンですから、2人で随分色んなところへ取材にいったり、事務所を共有したりしてたので、気心は知れています。 昔から変わった人間で、そのプロフィールを紹介するのは一苦労。 カメラマンで大道塾全日本王者。太陽肛門というロックバンドのボーカルで編集者。居酒屋経営者でDVD制作会社社長。他にも多様な肩書きがあり、フルコムも随分お世話になっています。 その多田君が、黒崎イズムをテーマに、黒崎先生、藤原先生、竹山先生、長田先生などにインタビューした記事をまとめた渾身の一冊。私が昔書いた大沢先生と竹山先生の阿修羅の師弟の一部も転載されており、なんか懐かしい。黒崎イズムを正面から取り上げることが最近ではあまりないのでそう感じるのでしょうか。 私も黒崎先生には多大な影響を受けました。 でも、黒崎イズムが懐かしい、と感じてしまうと言うことは、今の時代、それが遠くなってしまったんですかね。 15日から全国書店で。180分のDVD付きで1800円+税 発行・オルタナパプリッシンク 発売・星雲社 川保氏がドラゴン魂2を入れて来た袋にも注目。何と私がフルコンを作っていた時代の袋。福昌堂が潰れた時、川保氏が資料を買い取り、その中から出て来た貴重な袋でした。
        | 日常 | 19:53 | - | - | - |
        川嶋先生の達人技を明かすDVD
        0
          川嶋先生の新作DVD「誰にでもできる内発動の『コツ』」が12日にいよいよフルコムから発売。その宣伝を書こうとしていたら、川嶋先生登場。新作の書籍の打ち合わせをしつつ、私の研究や川嶋先生の最新の研究のすり合わせなども行うので、むちゃくちゃ楽しい時間。 私は今、足裏の使い方や、パーソナルスペースに浸入されて、近い間合いからナイフなどで首を斬られたらどう反応するか?を研究中。私のナイフ攻撃は0、1秒くらいなので人の反応速度の0、2秒より速いため、理論的には100パーセントよけられません。 それでも読みを行わず、反応する術がある、と仮説を立て、私はある程度再現が可能になりました。誤解されるのを承知であえて言えば、「気の力」。別な言い方をすれば身体内部の内発動カと無反動化。そのコントロールするのが足裏。と言うのが私の理論です。 その仮説をもとに、内発動創始者の川嶋先生にナイフ実験の被験者になっていただきました。すると、見事な内発動的な動きでナイフ攻撃に対応。人の反応速度の0、2秒以内に川嶋先生の身体は反応しています。もはや科学の常識を超越していますが、武術には科学では解明できない世界があるのは事実。それを内発動創始者の川嶋先生は見事に証明されました。 今回のDVDには川嶋先生が示された動きは全て収録されており、その練習法も紹介されています。本当に凄い内容なのでぜひその動きを皆さんも目で確認して下さい。
          定価5000円。55分。フルコムへの現金書留、銀行振り込みは4000円。代引き4500円。なお、BUDO-STATION会員や講習会参加者はこれらの価格から全て500円引きになります。 fullcom@netpro.ne.jp
          川嶋先生の達人技。 手を伸ばせば届く近い間合いから、
          突然飛んでくるナイフを川嶋先生はかわします。普通は100パーセントよけられません。
          相手の視覚情報を利用し、崩しに使う、虚と実の新しい内発動の武術理論も披露。

          この後、川嶋先生は面白いと評判の ジークンドー教室を視察と体験。人が多く、熱気にあふれてます。

          美琴ちゃんへの誕生日プレゼントがフルコムから。川嶋先生も一緒に記念撮影。
          | DVD | 00:38 | - | - | - |
          アメブロもマニアックで面白い
          0
            BUDO-STATIONの女子会員さんの勧めで先月からアメブロやネイバーをいじるようになりました。 男性は私のフェイスブックやフルコムのホームページなどから情報を得ることが多く、道場や新刊本の宣伝にも役立っている。 でも、女子はそもそもそんなところを検索しないので、全く違う情報発信源を持たなくてはならない、とアドバイスされたからです。 手探りでアメブロを始め、最初は公式ブログを転載してたのですが、考えたらこれでは今までと同じで男にしか響かない。 女子や格闘技に興味のない人にも響き、かつ最終的に道場に引き込むには?と考え、内容を全く変えることにしました。 ブログのタイトルも公式ではないので「山田英司の非officialブログ 利用客の多い武道駅」にし、私が武術とアニメに詳しいので、今人気の名探偵コナンの技術分析を手始めに書くことにしました。 まだ、二回しかアメブロに書いてないので実質1週間くらいの間ですが、一回目の投稿でスポーツ観戦というジャンルで64位。二回目は1日1300人以上の人が見て、ジャンルのランク19位だそうです。 一回目は世良の先生、二回目は世良の動きのモデルを解明しましたが、オタクは止まることを知らないので、さらにマニアックになっていきます。 武術に詳しい人ならもっと面白いのでチェックして下さいね。
            スポーツ観戦ジャンルの19位だそうです。
            | BUDO-STATION | 15:59 | - | - | - |