RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

ブルース・リーよりジャッキーは実戦的?
0

    ジャッキー拳概論。今日も勉強になったなあ。昔からの私の持論なんですが、ブルース・リーの武術はスポーツ的、格闘技的な魅力を映画でアピールしてました。チャック・ノリスと準備運動してから戦ったり、ボブ・ウォールとわざわざ塔手してから戦ったりするのは、正々堂々と言えば言えますが、実戦では有り得ない男のロマン。

    対するジャッキー・チェンはスタントとして有名ですが、これは環境を利用して戦うからです。喧嘩術的、武術的な魅力を表現している。

    今日の瀬戸先生の解説でも、ジャッキーの動きの実戦性と武術性を再認識。映画の解説の形を借りた武術秘伝の教授ともいえます。

    まさに楽しみながら見てるだけで強くなる。今風の新しい武術との付き合い方の提案でもあります。


    相手の右手をからめながら、足を斧刃脚。


    脱力した足は、そのままボディへの回し蹴りに。


    右足を振り抜くと、


    一転して飛び上がり、旋風脚。この辺り、節拳の三不落地でしょうか。


    顔面に右足。プロの佐々木さんの食らい方がうまい。


    | - | 21:45 | - | - | - |
    ティープは股を使え
    0

      今日はティープ。ムエタイの前蹴りですが、これが意外に難しい。

      空手と同じく、中足を当てますが、軌道が全くちがいます。 

      空手の前蹴りは、膝のスナップを効かせたヒンジ運動なので、下から上に中足があがる。ムエタイでは、膝を高く上げてから、下半身をおしつけるように、中足を上から下へ、のしかかるようにして相手を蹴り飛ばします。

      自転車をこぐような軌道なので、全く違います。

      私は、割りとこの蹴りが得意なのですが、今日ゴン選手のフォームを見ていて、なるほどと思いました。股の使い方が、前回紹介した八極拳の基本踏み込みと同じ。

      中国武術で言う股を柔らかく使い、下丹田を前方に相対軸的に投げ出すことにより、相手に全ウェイトが乗る。

      八極拳の歩法がなぜか今の子はできない、と言うお話しをしましたが、同じような下半身の使い方が求められるなら、ティープも、今の子は苦手かも。

      おそらく、相対軸的に重心を投げ出すのが皆怖いのかもしれませんね。

      となると、今の子は運動自体が苦手になってると言うことか。

      もちろん私の勝手な推察ですけど。

      だとしたら武術のような高度な身体操作を今日に伝える仕事の重要性はさらに増してきますね。


      膝を上げて、

      下半身を突き出し、相手に全体重を乗せる。

      身体ごと蹴り飛ばす。ウェイトが前に乗ってるので、ここから即次の攻めへ。

      | - | 18:21 | - | - | - |
      秘伝の練習法こそ秘伝
      0

        引進落空は、相手の気を虚にした瞬間に勁を打ち込む方法。うまくきまれば、大男でも、チョコん!で倒れる。私の大好きな技法。

        防具の上からも寸勁で倒せます。

        ただ、そのコツを口で説明したり、約束組み手で身につけようとしてもだめ。なぜなら約束すると、相手も来るのがわかるのでそもそも引進落空にならない。

        フェイントいきますよ、と言ってせめたらフェイントにならないのと同じ。

        そこで私がハタと気づいたのが太極拳の四正推手。

        なぜこんな対練があるのか?実戦的に疑問でしたが、この推手に簡単な打撃を加えていくと、ほとんどが引進落空。

        少なくとも、四正推手ができない人には引進落空は無理。また実戦的な練習法が誕生。

        また、八卦掌も相手の攻めのインとアウトに入る歩法さえ身につければn-1のような多人数がけの基本に最適なことにも気づきました。

        八卦掌も強いなあ。


        崩で相手の腕を上げつつ右手は脇腹へ。


        相手の腕の上を取りつつ指は相手の目へ。


        多人数がけ。相手の右フックにインへ体捌き。


        そのまま相手を回す。


        次の相手はストレートなのでアウトに入る。


        背中を押して相手のベクトルに逆らわずとばす。


        見事!と思った瞬間後ろからパンチ。格闘技とは異なる目付けが必要なのです。




        | - | 14:36 | - | - | - |
        最強のカルビ3人前!
        0

          ウィラサクレック会長の口癖は「男はつらいよ」と「カルビ3人前!」意味はよくわかりませんが、勢いが大切!と言う意味でしょう。

          今、ウィラサクレック会長とゴンナパー選手と、毎週のように撮影や打ち合わせて顔をあわせていますが、つくづく思うのは、お二人が真面目なこと。

          タイ人はサボり好きで日本人が真面目!とよく語られます。これはおおよそあってますが、タイ人でも北部出身者は本当に実直と昔から言われてます。

          ウィラサクレック会長とも20年近くお仕事をさせてもらっていますが、一度も裏切られたり、トラブッたことがない。

          フルコムは日本人にはよく騙されたりするのに。

          そんな訳で、今日はいつもお世話になってる会長とゴン選手に、待望のカルビ3人前。

          いやあ、気の合う仲間とのメシや酒はうまい。今後も面白い企画をガンガンやってきますよ。

          こんなメンツでカンパーイ。

          カルビ4人前と中落ちカルビ4人前。


          酔った会長。なんとタクシンと肩を組む秘密の写真をそっと。文春砲は大丈夫か?

          | - | 21:07 | - | - | - |
          ゴン指導員のハイキック秘伝
          0

            BUDOカレッジひっそりとオープンしたはずなのに、毎日凄い問い合わせ。マニアはざわついてますね。ムエタイ奥義公開!も早くも入会希望者がきました。

            ウィラサクレック会長やゴンナパー指導員も、さらに気合入りましたよ。

            そんなわけでハイキック練習法。

            頭より上の180センチくらいの高さにヒモを吊るし、練習の後半に50回くらい蹴る。

            ゴン指導員も最初は蹴れなかったそうですが、毎日続けてだんだん高くしたら、今では180センチは軽々。卜部功也選手からダウンを奪ったのもこのハイ。

            前足を浮かし、開きつつ一瞬落下。すぐに中丹田を上に向け、浮上へ。左右の手を大きく振り、軸足カカトを浮かしつつ蹴る。

            蹴った後も目標を見て回る。

            手足をフルにバランス良く使えるようになる。こうした細かな練習法もブドカレオンライン講座では詳しく紹介していきます。


            こんなに高い位置のヒモ。


            左手を大きく振りながら前足を浮かす。


            前足を開きながら一瞬落下。左手をためる。


            中丹田を上に向け、浮上。


            左右の手を大きく振りながら蹴る。軸足のカカトは浮く。


            顔は目標に向けたまま振り抜く。

            | - | 16:19 | - | - | - |