RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

内家拳の核動作を見つけた
0

    両肩の浮きと膝の抜き。落下しつつ蓄勢を作るのが、武術反応の第一。

    その発勁と呼吸が一番丁寧に入っているのが、八卦掌の纒絲勁。だから武壇の八極拳のみは八卦掌の纒絲勁を取り入れて内家拳的な動きをします。

    これはおそらく李書文ではなく、劉雲樵先生が採用したと思われます。

    しかし、この反応は八卦だけでなく、形意拳や太極拳、そして八極拳に有効です。

    なんと、内家拳の定義がむちゃくちゃ具体的です。この蓄勢ができれば、発勁は簡単なので、これこそ内家拳の核ではないか、と仮説をたて検証中。ポイントは動作だけでなく、脳を自然に任せること。ほとんど悟りの世界が見えてきましたよ。


    例えば格闘技と違い、武術はこんな近い間合いからでも強い力を一瞬で出さなくてはなりません。


    相手の右手がピクと動いた瞬間、私の両肩は浮き、身体も浮いています。


    落下しつつ肩が丸いまま突き。距離がなくとも、沈墜で相対軸的な強い突き。


    馬歩で初めて肩が落ち、発勁。


    太極拳にも応用可能。ついて来たら、肩を上げ膝抜き。


    その動作が防御と同時に体当たり。肘や肩が当たってます。


    陳式の欄札衣そのものになります。

    入り方さえ覚えれば全ての型が使えます。

    | - | 19:23 | - | - | - |
    本当は休みなのに練習!
    0

      今日は拳功房は本当はやすみ。ラインのお知らせがいきわたらない生徒さんが、間違えて来るかもしれないので、私は待機していると、5人も登場。

      中には休みは知ってるけと、私がいるからと来てしまう生徒さんも。

      たしかに20年以上一回も休まなかったので、拳功房に休みは似合わない。と言うことで、いつのまにか個人レッスン形式に。

      各自のレベルに合わせてむしろいつもより高度か。

      武術で大切なことは、相手が何を攻めてきても自分のリアクションは一つにすませること。

      その大いなる一を見つけるのが武術の道です。

      技を増やして行ったら永遠に辿りつかない。あらゆる武術に共通の一動を発見。

      その仮説を検証、フィードバックしてるのが最近の研究です。

      いわば、悟りが理論化出来つつあるので、練習がむちゃくちゃ面白い。皆の動きもだんだん達人っぽい。これはいいセンいってるぜ。

      相手が何を攻めてきても、

      腎突き。前足を、出して前傾。


      すぐに引く。出した前足は下げる。



      また腎突き。前足をだしたら、


      今度は後ろ足をだす。八極の実戦歩法。両肩は蓄。


      そのまま馬歩。ここで発。

      カオでも肘でも可。猛虎硬把山も原則同じ身体操作と歩法。


      | - | 22:17 | - | - | - |
      本能に逆行する武術ポイントが勝負、
      0

        相手の突きを崩で浮かすのは、四正推手の基本。沈身しつつ、肩を上げ、頭の位置を下げる。この姿勢ができると、パンチは怖くありません。皆、頭の上が額に当たるだけ。しかし、素人は必ずパンチをしっかりよけようとして、この姿勢ができない。

        多くの人がスウェーするか、腕を硬直させて受けてしまいます。正しい纒絲は相手の力を一度受け入れてからベクトルをかえるので、その一瞬は恐怖。

        本能と逆行する動きですね。中国武術で伸び悩む人は、組み手になると本能に準じて動いてしまうからです。

        格闘技でも、本能を克服しないと一流にはなれないけど、武術は最初の一歩からダメ。

        本能逆行の1は虎背の腎。

        次にやりがちなのが、相手がパパパンと連打してくると、手はガード、足はその場で居つき、攻撃が終わるまで待ってしまうこと。

        これも格闘技では許されるけど、刃物や武器に対しては命取り。

        だからこうした動きはない。手と足の居つきが本能逆行する2。

        こうして武術のチェックポイントを整理していくとその人の武術レベルが数値化できますね。

        そのうち私も川嶋先生みたいに検定やろうかな。


        パンチの瞬間、肩が上、身は沈む。


        この場合は横にベクトル流し、


        下へ引き倒し。力は全くいらない。


        手だけでなく、肘や肩など体の各部で崩を行う。極意たけど、理が分かれば簡単。


        左肩を逆圏で受け流し、

        右肩を順圏。小架のカオ。


        勝手に相手は崩れます。力はいらないですよ。

        | - | 18:37 | - | - | - |
        開成替え玉事件の真相
        0

          今日はアベマテレビで今週日曜日12時から4時まで放送予定のアベマ的ニュースショーの取材。例の開成の替え玉事件のコメントですが、私みたいなOBに聞くとロクなことはありませんよ。

          インタビュアーの人は正義感が強く、不正に文句言って欲しかったみたいですけど、私はこの替え玉事件はおそらく確信的な愉快犯だと思ってます。

          東大進学率39No.ワンの権威、開成をギャフンと言わせたい。開成もギャフン!と言ったのだから、新しい時代に追いつくシステムを考えなきゃダメ。古さが良さ、と考えてると置いてかれる。

          あともう一つ。39年も東大進学率一位なんていったら、みなプレッシャーばかりで勉強しなきゃいけない。今の開成の生徒は可愛そう。新しい開成の姿は生徒が自分で考えていかないと、みたいなお話し。

          つい、ガラにもなく熱弁を振るっちゃったのはカメラマンや取材スタッフが可愛かったからかもしれません。



          | - | 20:16 | - | - | - |
          気が満ちれば人が集まる
          0

            今日は久しぶりに飯田橋。新宿の打ち合わせの後、懐かしい駅で途中下車。今日は珍しくクラスがないのであわてなくてもいいのです。

            元フルコムを訪ねたら、3年で全く変わってました。ブドステと同じくフルコムも色んな人が毎日顔をだしてました。  

            だから昔は外から見ても、活気が感じられましたが、今は見るからに無人のビル。

            2階のフルコムだけでなく、3階の大家さんちも電気がついてません。

            私達がでたからこうなっちゃったと思うとちょっと申し訳ない。

            今の日暮里のブドステも建物自体はパッとしませんでしたが、今は多くの人が集まっています。結局建物でなく、人が人を惹きつけるんですね。

            実際、最近のブドステはエッジの効いた先生方の鋭い気に満ち満ちています。

            さあ、ここから日本の武術界にどう勝負をかけるか。

            今日の打ち合わせでさらに、エネルギー注入されましたよ。


            飯田橋の元フルコム。二階以上が電気なし。


            なんと、表札剥がし忘れてました。


            なじみの洋食屋に3年ぶり。キッチンこやまは健在でした。




            | - | 18:37 | - | - | - |