RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

カリのクラスが木、金の週2回に
0

    12月からカリのクラスが増えます。これまで竹内一馬先生のカリは木曜日の夜7時から8時半でしたが、今月からは金曜日の夜7時半から8時半も加わり、木、金は連続カリです。

    竹内一馬先生のジークンドークラスも月曜日7時からと、土曜日5時と7時からの週3回。これにカリの週2回が加わるわけですから竹内一馬先生は週5回のクラスを担当することになります。

    人が増えるので、クラスを増やしますが、また一杯になり、また増やす。評判を聞きつけてアイドルまで習いにきちゃうんですから、竹内先生の勢いはとまりません。

    笑顔が絶えない竹内先生のクラスは、若い人や女性も学びやすい。初心者も大歓迎ですから、興味のある方はぜひ一度体験しに来て下さい。今なら体験無料キャンペーンやってます。

    | - | 19:40 | - | - | - |
    倉本塾忘年会の試し割りと武術観
    0

      今日は毎年恒例倉本塾の忘年会。毎年倉本塾の演武内容は高度化していきます。ヤシの実も、川嶋先生が回し蹴りで、佐藤先生は掌底で、島村師範は正拳で斬り裂いてしまいます。昔はそんな技でヤシの実が割れるとは思いませんでしたからね。

      今年興味深かったのは、倉本先生の即興武器。本やセルロイドコップなど、その辺にある物を武器にする。

      本は丸めて鉄槌のように握る。コップもテッシュや手拭いを中に入れるだけ。この武器を武道経験のない一般の女性に持ってもらい、板を叩くと割れてしまう。すごい武器化ですね。

      肉体の武器化はあんなに時間がかかるのに、日用品の武器化はこんなに簡単。武器の利用は重要な護身技術であり、武術の根本。むしろ、素手より武器を中心に身体操作や戦闘法を考えた方が伝統武術の形や技術はわかりやすいと私は考えます。それを現代に生かそうとする倉本先生の武術観には、ホント、驚かされます。

      川嶋先生の回し蹴りによるヤシの実わり。

      佐藤先生の掌底ヤシの実割り。

      島村師範の正拳ヤシの実割り。

      倉本先生の日用品の武器化。

      酔っぱらうと武術話しはとまりません。川嶋先生と驚くべきマニアックな技を。川嶋先生の今の研究は秘伝の打陰陽両不接でした。


      | - | 22:18 | - | - | - |
      ブドステの大嘗祭は密かに
      0

        野沢君が高田の馬場駅で竹内先生夫妻とばったり。大嘗祭のお祭りに参加するためだったようですね。

        そう、今日は大嘗祭。宗教と政治の分離を騒ぐ人がいますが、バカですねえ。

        憲法ができたのは数十年前ですが、天皇が日本を作ったのは千年以上前ですからね。

        大嘗祭も千年以上の歴史があります。

        というわけで、私も野沢君と駒込のとんきで、今年の豊作を祈りました。

        というのはウソで、本当は第5週の金曜はブドステのクラスが休みになるので、野沢君と羽を伸ばしに行ったのでした。

        ここのとんきは本店と味は同じなのに混んでないし、近い。まさに隠れ家的な店なのであまり人に教えたくない。

        ロースはカリッカリッに揚げて中の肉もカリッ。もはや他のカツ屋のロースとは別物。値段もヒレと一緒ですが、馴染み客は皆ロース。盛り付けも綺麗で毎回感心します。ご飯も食べ放題で、一杯平らげる度におかわりいかがですか?と綺麗なお姉さんが聞いてくるのもとんきならでは。

        ロース1800円と値上げしてたけど、やはり伝統の味とサービスは費用対効果から考えても高くはない。

        やすけりゃいいってもんじゃないですもんね。

        この色彩のバランスにまずは感動。味のバランスも一流店ならでは。


        | - | 20:04 | - | - | - |
        タピオカ店も出る忘年会
        0

          タピオカミルクティー100円。味自慢手作りかきもち100円。さて、このポスターは何だと思いますか?次のポスターに答えがあります。売り上げは設備費として使わせていただきます。BUDO-STATION

          なんと、12月のブドステ忘年会において、顧問の由井さんが気合をいれてポスターまで作ってしまったのです。

          例によってブドステ忘年会は生徒さんの持ち込みのみ会費なしですが、それだけでは味気ないので、由井さんがタピオカ店と評判のいいかき餅店を開設するそうです。売り上げはブドステの設備費にあてるチャリティ企画。

          今年も楽しい忘年会になりそう。生徒さんは奮って参加して下さいね。


          | - | 20:43 | - | - | - |
          開成卒業45周年のパーティー
          0

            昨日は、開成卒業45周年、私の卒業年度全員の同窓会。受付けに行くと、緑、橙、などの色が。そう、開成卒業生でないとわからない暗号と言われているのが、この運動会の色分け。モグリで開成卒業生を名乗る人は、運動会の色を聞かれて戸惑います。

            開成はなぜ東大に受かる人が多いのか?その研究は最近良く語られますが、実は運動会など勉強以外に力を入れさせ、学校からは一切勉強しろ、とは言わない。だから私みたいに勉強をあまりしない生徒も居場所があり、自主的な学園生活が送れるのが開成のいいところ。東大に行きたい奴は勝手に勉強すればいいのです。

            我々は受験勉強よりもっと大切な勉強を教師から教わったグループでした。

            松田先生の無茶苦茶な教えを自然に受け入れてしまうほど、開成の先生達は個性的。だから開成出身者は皆開成が大好き。

            私がブドステを開成近くの日暮里に開いたのも偶然ではないでしょう。

            今度はブドステを素晴らしい学びの場にしていかねばいけませんね。

            私は5年連続美術部部長。懐かしい美術部員達と。

            最後はもちろん校歌の大合唱。壇上で手を振ってるのは朝日の菅沼記者。同じクラスでした。

            さて、私はどこにいるでしょう?


            | - | 20:46 | - | - | - |