RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

さよなら船堀と飯田橋
0
    今日で船堀のレックスジャパンをお借りしての拳功房はラスト。さらに、飯田橋のフルコムも今日でラスト。だから練習が終わったら、急いで会社に行って、明日の荷物入れの準備です。そんな記念日に一馬と美琴ちゃんが練習に来て、そのまま荷造りの助っ人に。 約14年ここにいて、夢中で本や雑誌を作って来たので、保管資料は膨大。過去を見たり、懐かしんだりしている間はないので、ボンボン資料を捨てまくりました。 しかし、その内昔の拳功房の名簿や出席表を発見。私が捨てようとすると美琴ちゃんが昔の自分達の名前を発見。しかも17年前の一馬の入会書もでてきました。なんと、小学生の一馬が強くなりたい。大人になったら立派な拳士になりたい、と入門の動機を稚拙な字で書いてました。その一馬が17年後、ムエタイ強豪と互角の戦いをするほど強くなり、来月からは私の道場でジークンドーの先生として指導するのです。 なんか不思議な感動に包まれ、一同絶句。とにかく、一馬には来月からは押しも押されもせぬジークンドーインストラクターとして、他の先生達に負けぬようがんばってほしいものです。 最後の練習日に記念撮影。 壁も随分壊しました。これは確か私が佐藤君を太極拳で壁まで吹っ飛ばしたんだっけ。 皆んなで船堀最後の晩餐です。 こっちはフルコム。荷物で一杯。 小学生の丸い顔をした一馬の入会書を美琴ちゃんが発見。
    | 拳功房 | 00:38 | - | - | - |
    試合の後の反省と修正
    0
      今日の拳功房はムエタイ挑戦の反省と修正を兼ねての練習がメイン。蹴りが少なかった一馬と、構えとステップが乱れた和尚。ともに最も安定した足の構えを作り直しました。 ボクシングのように前足爪先が内に向いていると中心軸は作りやすいですが、蹴りは出にくい。前足爪先を前に向けたまま上体を前後左右に動かしやすい位置を探す。すると蹴りが出やすいだけでなく、頭を前後左右に動かしやすく、ロープに詰められても、パンチをかわしやすい。一馬の相手の強豪タイ人が一馬のパンチを上体だけでかわし、カウンターを取っていましたが、実は上体の動かし方を知れば意外に簡単。そのタネ明かしをしたら、皆ロープに詰められても上体だけでパンチをかわし、カウンターのパンチも返せるようになりました。蟷螂拳や通臂はこうした上体の動きに長じています。 また、実際の試合で蹴りが出にくい理由の一つが前に出て蹴る練習ばかりしていること。実際の試合は蹴りの間合いでパンチ。パンチの間合いでは蹴りが出せないと、押された時に蹴りが出ない。下がりながら蹴る練習を日本人はあまりやりませんからね。 その反省を踏まえ、真後ろ、左後ろ、右サイドの扇型ステップからの蹴りの練習を新しく加えました。 試合をした記憶が残っているうちに修正するとイメージがしやすく、格段に進歩します。 和尚さんも一馬も試合前よりさらに進歩した動きを見せていました。
      相手が自由に打ってくるパンチを上体だけでかわします。女の子相手でも容赦ないパンチを打ちこむ山ちゃん。 しかし慣れてくるとスウェイから 谷ラインで左パンチをくぐり、左フックをボディにお土産。 さらにアウトから右フックをボディ。美琴ちゃんのパンチで山ちゃん悶絶。
      | 拳功房 | 23:47 | - | - | - |
      ムエタイ挑戦、なんと勝ち越し
      0
        いや、いい試合でした。佐藤君、和尚、一馬の順で試合。最もひ弱なイメージだった佐藤君が試合が決まったら急成長。日頃道場でやってることをそのままやったら、何と2ラウンドにダウンを奪い、判定勝ち。 続く和尚さんも1ラウンドがガンガン攻め、後半スタミナ切れでタイ人の反撃をくらいながらもドローに持ち込む成長振り。 大将の一馬は、元ルンピニーやラジャで活躍した強豪タイ人が相手。ここのところノーモーションで強いパンチを打てるようになり、これはタイ人も避けられないだろうと思っていたら、そこはムエタイの一流選手。前半一馬のパンチをくらいつつも、後半はその動きの裏を取り逆にカウンター。レベルの高い攻防に会場は大盛り上がり。結果は押しくもドロー。しかし、タイ人関係者も「君が一番強かった」と一馬の健闘を讃えていました。 3人とも強くなった。なんとムエタイ挑戦ツアー始まって以来の初の勝ち越し。あの、うっかりしくじり3人組が試合ではまさかの活躍を見せてくれて感動です。 二段飛び膝も教えた通り。素直な人間は強くなりますね。 なんと、一番ひ弱だった佐藤君がタイ人に勝つとは。 和尚さんもパンチでタイ人を攻めまくる。 メインは一馬。前半はパンチで圧倒。 しかし、後半はタイ人が秘伝顔面捻りを読んでカウンターを合わせる。なんと高度な攻防。 試合を契機に皆強くなったのは確か。タイ人に勝った経験を持つ山ちゃんとタオル中島君の応援もありがたかった。
        | 拳功房 | 00:44 | - | - | - |
        さあ、これからムエタイ挑戦だ。
        0
          打倒ムエタイ軍団は無事タイにつきましたが、いや、早くも色々ありました。和尚さんはパスポートと申請の綴りが違っててトラブルになるし、一馬は出発の2時間前を1時間前と間違えたのか、堂々の遅刻。なんとか飛行機出発の10分前に乗り込めました。 バンコクで一泊し、パタヤに移ろうとすると、佐藤君は荷物を全部忘れそうになるし、パタヤに移ると、山ちゃんの予約したホテルはなんとポーイズ街のど真ん中。どうりで安かったはずです。 そんなドタバタのムエタイ挑戦軍団、試合は今日の夜から。どんな結果になることやら。 なんとか飛行機に間に合うか。こんなことしてる場合じゃないぞ。 パタヤのホテルはポーイズカフェ。こんなところに泊まっていいのか。 しくじりカルテットがお詫びしてます。 でも飯だけはしっかり食ったぜ。
          | 拳功房 | 19:14 | - | - | - |
          41歳中島君の挑戦
          0
            今日は、打倒ムエタイ挑戦組の強化練習。一馬と和尚さんと佐藤君の3人が挑戦組のメンバーだったのですが、八極拳のタオルこと中島君が10年振りに復帰し、挑戦組メンバー入りを志願。仕事が忙しく、10年振りですが、その間も八極拳の練習を続けていたので、41歳になった今、改めて挑戦したいと言うのです。何しろ中島君がタイでKO勝ちしたのは13年前。スタミナとスピード、打たれ強さ、当て勘などが衰えていないか心配なので、普段生徒同士はスパーをしないのですが、今日は特別。中島君の査定目的のスパーを行いました。中島君は相変わらずのパワフルでスピーディなパンチを繰り出しますが、スタミナ不足で若い生徒に相当苦戦。 やはり現役で練習している生徒はなんだかんだ言って強くなってるんですね。 私は三週間で10キロの減量を条件に挑戦組に参加を許可することにしました。 昔より、打倒ムエタイの理論は整理されてきたので、中島君のパワーがあれば当たればタイ人と言えどもひっくり返るでしょう。しかし、40を超えても挑もうという中島君の心意気は立派。その気持ちには応えたいですね。 これは打倒ムエタイ用の山突き。殴られても和尚さんは前進。 一馬と中島君のゴールデンカード。一発の中島君と回転の速いパンチの一馬。後半スタミナの差が出ました。 著しい成長を見せる佐藤君はスタミナの切れた中島君に襲いかかります。
            | 拳功房 | 21:31 | - | - | - |