RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

ファイティングシステムを知ってますか?
0
    日本では全く知られていないのに、オリンピックに継ぐワールドゲームズには、既に5大会前から採用。世界中に多くの競技人口を持ち、空手に次ぎ、オリンピックに入る可能性がある日本発祥の武術は?と聞かれても多くの人にはピンと来ませんね。 答えは柔術(Ju-Jitsu)です。 種目は3つ。総合に似たファイティングシステムと2人型を競うディオシステム、そして寝技です。寝技は通常の柔術ルールとほぼ同じですが、興味深いのはファイティングシステム。これは全空連式のポイントルールから始まり、相手を掴んだら投げ、そして倒したら寝技へ。捕まれたら外してはダメで必ず投げや倒し技へ。また、いきなりのタックルは反則で必ず打撃を入れてから組み技へ移行しなければいけません。いわば、ルールで、打撃技、投げ技、寝技の三局面を経由させ、それぞれの局面でポイントを奪うと一本勝ち。トータルファイター度を競うルールです。ドイツで発生したこのルールがいま、ヨーロッパやアジアで大人気。しかし、日本ではほとんど知られていないし、統括組織も活動していませんでした。 今回、一般社団法人全日本柔術連盟が設立され、その代表とファイティングシステム委員会委員長に遠山栄一郎先生が選ばれ、活動を本格化しようとしています。 遠山先生は全空連ルールのマスター王者であり5段、松濤館6段、柔道4段、さらに硬式、極真、テコンドーも有段者。50に近いのにこのルールで世界大会にチャレンジしたりしています。先日の倉本塾演武会では、このルールを紹介されてましたが、まだまだ日本では知られていないため、選手がいません。 興味のある方は、オリンピックを目指してみてはいかがでしょう。 http://www.jjfj.org
    選手として、コーチとして監督として、ファイティングシステムの様様な資格を持つ遠山先生。
    倉本塾演武会では、生徒さんがファイティングシステムルールの試合を披露。組み技や寝技がある伝統空手、という感じ。

    朱先生と児玉師範でデュオシステムの型も披露。タックル、打撃、ナイフ、など様様な攻撃に対し、型通りの対応をしなければいけないルール。これもよく考えましたね。
    普段は東川口で仁勇館館長として、活動されている遠山先生。
    | 取材 | 20:02 | - | - | - |
    アヴィ先生のWAR ZONEは凄かった
    0
      今日は千葉県の印西市のアヴィ先生が経営するWAR ZONEを打ち合わせの為訪れました。クラブマガは一般人の護身用、警察用、軍隊用と、内容が異なりますが、軍隊用のミリタリークラブマガは銃の扱いや戦い方が主になります。銃を持っていかに敵を制圧するか。また、相手の銃撃をいかに交わすか?そんな指導の為に一番効果的なのがペイントボールをつかったサバイバルゲーム。そう、ここはリアルな戦闘を体験できるアヴィ先生考案のサバイバルエリア。様々な障害物のあるサバイバルフィールドの他に自然の森を生かしたグリーンゾーン、他にも射撃場やボルタリング、ジップライン、トレーニングコース、キャンプ場まで揃った一種のミリタリーアミューズメントパークですね。 私もペイントボールを撃たせてもらったり、アヴィ先生とレーザー銃で対戦させてもらったりしました。私も動きはすばしっこい方だと思いますが、さすがにプロにはかないません。しかし、子供の頃大好きだった西部劇ごっこを思いだし、大興奮。 こんな武術の学び方もあったのかと目からウロコです。 そのアヴィ先生のクラブマガ、11月から火、金の週二日を予定していましたが、道場が一階にも開設出来そうなので、木曜の夜も加えて週三回ペースで開講予定。 ペイントボールもやって貰おうかなあ。 WAR ZONE ??047-699-2260 千葉県印西市師戸2348
      ここがWAR ZONEの入り口。
      ズラリ揃ったペイントボール銃。
      私も撃たせてもらいましたよ。20メートルの距離からほぼ的中。撃った衝撃が本物の銃っぽい。
      ここがペイントボールフィールド。様々な障害物はアヴィ先生の手作り。
      地下壕もある。

      迷路みたいなゾーン。
      森の中で戦うグリーンゾーン。
      レーザー銃でアヴィ先生と対戦。私の胸のカラー表示版が撃たれると緑から黄色、赤に変化。
      | 取材 | 19:59 | - | - | - |
      菊野選手がテコンドー大会に挑む
      0
        菊野克紀選手がなんと、テコンドーに挑戦し、東京オリンピックを目指す?今日の記者会見で、菊野選手は岡本依子副会長のテコンドーに出てみないか?との誘いに承諾。現在は10月29日、袖ケ浦臨海スポーツセンターで行われる東日本大会を目指し、ここで好成績をあげれば、来年1月21日に行われる全日本の出場権が獲得でき、全日本で優勝するとオリンピック参加も夢でなくなります。 菊野選手が出場を決めたのは、テコンドールールに変更があったことがきっかけ。これまで反則だったプッシュや押し倒しも認められ、中段に突きを効かせて相手がテンカウントの内に立ってこなければ勝利。ポイントだけでなく、効かせる攻撃も有効になったそうです。 「沖縄拳法の突きならば、防具の上からでも効かせるのではないか。僕はテコンドーで戦うのではなく、あくまでも沖縄拳法の追求の一環として、テコンドーの大会に出たい。」と意欲を語る菊野選手。「テコンドーにとったら外敵なのに、皆優しくしてくれます。」岡本副会長は色んなジャンルの人にテコンドーの出場を勧めているそうですが、とくに向いているのはバスケット選手ではないか、と語っていました。たしかにバスケット選手のステップワークと瞬発力は格闘技に生きそうです。 「僕は今、巌流島を主戦場にしていますが、巌流島のテーマは他流試合。テコンドーに沖縄拳法で挑むので、僕の中では一人巌流島です。」と菊野選手。どんな戦いになるか興味深々です。あ、その菊野選手の正拳を当てる講習会も12月9日、BUDO-STATIONでありますからね。こっちの講習会も凄い内容になりそうです。
        菊野選手と岡本依子副会長。
        テコンドーの蹴りは早くて連続して来るので受けにくい、と菊野選手。私も岡本副会長と若い頃スパーし、右ハイが見えず、もらってしまいました。
        ミットの上から力を浸透させる菊野選手。この突きで倒す。
        効いた、と岡本副会長。これは楽しみです。
        | 取材 | 18:09 | - | - | - |
        タイの天然ギャグは凄い
        0
          ちょっと来ない間にタイは随分変わりました。信号のある横断歩道も増えたし、エスカレーターには右側に皆並ぶし、極めつきはサイアムのデパート内についに自動販売機が登場しました。タイと言ったら、横断歩道なし、並ばない、自販機は持ってかれるので設置できないのが常識でしたが、今はもうほとんど日本と変わりません。電車の中で大声で話すのは外国人だけでタイ人は本当に静か。 公共心や道徳心も相当浸透してます。パタヤでチャーターしたボート代3500バーツを我々は1人分だと勘違いし、その6倍を払い、街に戻るとボート屋が必死に追いかけてきました。何かもっとねだられるのかと思ったら金が多すぎる、と返しに来たのです。これには感動しましたね。つい疑った自分に恥じて金は返して貰うかわりにチップで千パーツ上げました。 そんなタイですがどこか間が抜けてるのが楽しい。今回のヒットは「スキシ」と言う日本食チェーン店。スキ(焼き)と回転スシを合体させたのはいいのですが、回ってるのはしゃぶしゃぶの具。スシはバイキングに置かれてるので全く回る意味がない。でもタイ人には大受け。文化の受容って最初はそんなもんですよね。 チマチョゴリが制服の日本食レストランのスキシもあります。 テーブルの横では意味なくしゃぶしゃぶの具が回り続けています。 タイの仏様も個性的。こんなカロリー過多の神様や キングギドラかヤマタノオロチ的な仏様もいます。 お寺の入り口にはマネキンにワイ(タイ式の挨拶)をさせてますがこれが怖い。
          | 取材 | 23:21 | - | - | - |
          タイみたいに泊まりこみ食事つきのジム
          0
            ウィラサクレック会長にタイ料理の晩餐にご招待されたついでに、話題の寮を拝見させてもらいました。昔の会長室が改装されて、ホテル並みの個室が6つ、複数で泊まれる和室が1つ。なんと朝晩の練習参加と朝晩のタイ料理がついて一日8000円。普通のホテルに泊まるよりお得。 今日も3部屋が埋まってましたが、本格的にネットで紹介するようになると、すぐに一杯になってしまうとのこと。今後はさらに改装して部屋を増やしていくそうです。さらに、日本国内だけでなく、今年中には台湾支部が。さらに香港やタイにも大規模なジムを設立予定。ウィラサクレック会長は本当にとどまることを知りません。 会長とも、今後の色んな企画を話し合いましたが、BUDO-STATIONとどう絡んでいくかも楽しみです。 因みに泊まりこみ練習に興味のある方は以下の連絡先に。 ジム事務局 03-3876-4900 これが個室 これが和室 シャワーもあった
            | 取材 | 22:14 | - | - | - |