RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

巌流島で見つけた武術の盲点
0
    今日は久しぶりの巌流島。全日本武術選手権。アマチュアの大道塾、日本拳法、サンボ、数見空手、柔道等の他、ムエタイ、修斗、プロレス、パンクラスなどのプロ選手を含む16名のトーナメント。結果から言うと優勝はプロレスの奥田啓介選手。優勝コメントで「プロレスは強いんです!」と叫んでいましたが、レスリングで実績のある奥田選手の身体能力は確かに凄かった。 一回戦後に隣りで見ていた巌流島の柴田さんに、「優勝は奥田選手でしょう」と言うと、「そんな予想は誰もしてませんよ。」との返事。 しかし、今日のルールだとクレバーな奥田選手には誰も叶わないでしょう。なにしろ、各武術の道着を着用して戦う。すると裸で戦うプロレスや修斗、相撲などは圧倒的有利。奥田選手は相手の道着を掴みコントロール。掴めなくとも、レスリング選手は巧みに自分の身体を押し付け、相手を簡単に場外に推しだせます。奥田選手は一回戦からこの戦法でほとんどノーダメージで一本勝ちを重ね、優勝。 もちろん、奥田選手が道着をつけたらまた展開は変わるでしょう。相手が道着を着ていた場合、巌流島で有効なのは襟を掴んで膝連打。そこからテイクダウンを奪い、マウントパンチ。打撃が得意な選手はほとんどこのパターンですが、裸のレスリング選手にはこれが通用しない。 大会タイトルは武術選手権ですが、武術とは、道着着用で戦う体系なので、裸の相手には苦戦しますね。ある意味武術の盲点を気付かせてくれた大会だったので、非常に面白かった。
    武術選手権なのにプロレスラーが優勝してしまったからでしょうか。谷川プロデューサーは渋い顔。
    システマ対ムエタイ。アキラ選手は写真のようにシステマの技を使おうとしていたのは立派。しかし、金がかかった時のタイ人は強く、クンタップ選手はこれまでにないいい動き。一回戦でアキラ選手に圧勝。二回戦は空手のKENGO選手をKO。
    元相撲取りの鈴川選手と柔術の関根選手の試合。関根選手は道着が掴めないので得意の寝技に持ち込めず、終始鈴川選手に押されていました。

    敬老の日なのに、54歳の平選手に容赦無く突き、蹴りを打ち込む菊野選手。エキジビジョンですが、ボディには相当つよい打撃を入れてました。
    最も空手らしい動きを見せていたのは原翔大選手。一回戦で喧嘩師の中澤選手を打撃で圧倒。二回戦は裸の蓮見選手に苦戦しつつも、最後は飛び膝カウンターで逆転KO勝ち。凄い成長ぶりでした。
    | 大会 | 21:28 | - | - | - |
    恐るべきカオスな野良犬祭
    0
      今日は新宿フェイスで野良犬祭3。先日ゴールデングローブジムに藤原先生の教えを乞うべく皆でお伺いした時、久しぶりに小林聡会長にお会いし、チケットを頂いたからです。 その内容はまさにカオス。合気道SAあり、プロレスあり、眼帯アイドルあり、オークションあり、クラウドファンデングの権利者の催しあり。肝心の藤原あらしvs山田航暉まで3時間待ちはさすがにつらく、多くの観客がメインを待ちきれず帰ってましたが、これは興行として問題でしょう。 私も藤原先生から喫煙所でお酒をご馳走になりながら、時間を潰していたのでなんとかメインまで頑張れましたが、一人では無理。 唯一面白かったのが、合気道SAと総合選手、合気道SAと元相撲取り、という禁断のカオス試合。櫻井先生が主審で試合が始まりましたが、総合の選手が打撃を出すと反則。組みつくと反則。二試合とも途中で相手選手が嫌気がさし、反則も構わずSA選手を圧倒。本当はそうなった相手にも技が通用しなけりゃいけないんですが、SAはルールの中で格闘技的な動きを制限し、合気道技を無理やり出させようというというコンセプトなので、理論的に無理があります。当然観客からは大ブーイング。こうなるのは最初からわかっていたのに、なぜ小林プロデューサーはこの試合を組んだのか?あまりにカオス過ぎて私レベルのカオス好きではついていけませんでした。 恐るべし、野良犬祭。
      合気道SA対総合。何かする度に反則になるので総合選手は最後はこんな構えに。
      元相撲取りのプロレスラー将軍岡本の見事な投げ。関節も2度決めてましたが、SAルールでは反則負け。
      河崎実監督プロデュースのプロレス。レフェリーの大怪獣モノを攻める電エースは小林プロデューサー自身でした。
      河崎実監督と小林プロデューサー。今度小林プロデューサーを主演に映画を撮るそうなのでクラウドファンディングを開始。ちなみに私も河崎監督を知ってますが、そのあまりにカオスな世界観にはついていけませんでした。
      こっちは喫煙所。藤原先生の居酒屋と化してました。私もハイボールいただいてます。ちなみに藤原先生の横はライターの織田淳太郎氏。20年ぶりです。
      メインの藤原あらしvs山田航暉は、1-2のスプリットで山田。技術レベルは高くてもカオス不足が感じられるだけとは…。感覚がマヒするんでしょうか。
      | 大会 | 23:23 | - | - | - |
      一馬先生、新空手で準優勝
      0
        今日は新空手東京大会。budo-stationからはジークンドーの一馬先生、拳功房の佐藤君、和尚(江波戸)さんが出場。 今年はムエタイチャレンジが中止になった為、ムエタイ組みが新空手に出ることになったのです。 いや、皆素晴らしい動きを堂々とした。とくに会場の注目を集める戦いをしたのが一馬先生。一回戦、優勝候補とも言うべき強敵と一進一退の攻防を繰り広げ、延長戦で勝利。 続く二回戦は和尚さんに一本勝ちした相手を圧倒。 三回戦が決勝。相手は如心館の楠選手。二回戦で佐藤君に一本勝ちした相手。ちなみに佐藤君は一回戦、強豪をKO寸前までおいこみ判定勝ち。急成長を見せていましたが、シード選手の楠選手にはかないませんでした。 その楠選手と一馬先生の戦いは壮絶。両者顔面を貰っても下がることなくすぐに反撃。 本戦では一馬先生に旗一本。優勝まであと少し。しかし、延長戦、シード選手の楠選手と、延長戦を繰り広げてきた一馬先生の差が出たのか、わずかに楠選手の手数が勝る。 ここで旗が楠選手に。 残念、一馬先生はあと一歩優勝に手が届きませんでした。しかし、初出場で新空手の決勝進出は快挙。これがどんなに大変なことか、我々にはよく分かります。 悔し涙にくれる一馬先生に応援に来られた藤原先生が回し蹴り。まだまだ攻めが弱く、コンビネーションも未熟、と厳しくも暖かい言葉をいただいていました。 いや、興奮した。一馬先生はもちろん、和尚も佐藤君もよくがんばった。やはり新空手は面白いなあ。
        藤原先生が応援に来てくれたぞ。試合前の三選手に気合を入れる。
        和尚の一回戦。強豪に一本負け。しかし、良く前に出た。
        佐藤君は一回戦、強豪に逆転。後半KO寸前まで追い詰める。
        一馬先生の二回戦。武現塾の白石選手に判定勝ち。
        決勝。一馬先生と楠選手の壮絶な打ち合い。
        優勝を逃し、悔し涙の一馬先生に藤原先生から厳しくも暖かいアドバイスが。

        敢闘賞の一馬先生。budo-station応援団と共に。

        一度道場に戻り、お疲れ様会。しかし、この後も道場に戻り、佐藤君達は練習していました。好きですねえ。
        | 大会 | 22:42 | - | - | - |
        タイ人の強さの秘密は蹴りだけじゃない
        0
          今日は練習の後、野沢君とビールを飲みながら、k-1とRISEの放送を観戦。k-1では、ゴンナパー選手がやはり強かった。RISEでも、那須川選手の相手のロッタン選手の強さが目立ちました。どちらのタイ選手も、攻撃のキーポイントは実はボディ打ち。地味な技なので、皆みのがしてしまうのでしょう。 ゴンナパー選手が安保選手に顔面パンチを入れる前には、必ずボディを入れている。これが効くから、次のパンチが避けられない。 でも、観客も審判も顔面パンチばかり目がいきますからね。 RISEの那須川VSロッタン戦もタイ選手のボディ攻撃のうまさが目立ちました。しかし、解説では、有効打は那須川、プレッシャーでロッタン。と語ってましたが、ボディの怖さを知らないとこういう見方になるんでしょうかね。 実際、本戦でロッタン選手の勝ちにつけた審判がひとりだけと言う判定にはびっくり。ロッタン選手のボディ攻撃はあきらかに那須川選手にダメージを与えていたように、私には見えました。 ま、私にはわからないRISEの判定基準があるのかもしれませんが、不利な展開であったことは、選手自身が一番わかっていたのかもしれません。 試合後、那須川選手は「試合に勝って勝負に負けた」と語っていましたが、主催者も無理に那須川選手の無敗伝説に固執する必要はなかったでしょう。シビアに本戦で判定を出し、勝負の厳しさを知るのも、若い那須川選手が今後も成長する為には必要な試練だった気がします。
          | 大会 | 23:18 | - | - | - |
          巌流島がステイタスを得る為に望むこと
          0
            今日は巌流島観戦。週女の由井さんや、竹内先生のジークンドー、カリクラスの生徒さんと観戦。メインの菊野選手と小見川選手のリマッチは菊野選手の突きが決まり一本勝ち。右拳からの返しの左拳。菊野選手の突きはさらに凄みを増している感があります。 印象的なのは試合後の両者の態度。互いに抱き合い健闘を讃えたあとは。深々と頭を下げる美しい礼。まさに菊野選手が語る「子供に見せたい格闘技」を両者は試合後も体現していました。 両者の態度は立派です。しかし、誰も指摘しないので、例によって私が指摘するしかないのですが、本当に子供に見せたい武道の空間にしたいなら、一番やってはいけないのは、選手の肩書きの偽称や詐称。一体、インド王族武術って何でしょう。また、システマ代表と名乗る選手の修行歴は?それぞれの武術の先生と修行歴、段位などは明確にしなければなりません。空手を一月かそこらやっても空手代表とは呼ばれませんよね。空手ならどこの流派でどんなタイトル保持者かは明確にするのに、他の武術に関してはスルー。以前も怪しげなジークンドー選手がジークンドー代表として試合に出ていましたが、ちゃんとジークンドーを修行している人達からしたら、応援のしようがありませんよね。やはり、やる側の人間の視点を抜きにして武道や武術の大会は共感を得られない。それがこれまでのプロ格闘技との違い。まずは何の根拠もない「〜武術代表」というアナウンスから修正すべきでしょう。巌流島が真のステイタスを持てるかどうか、ここが勝負どころですね。
            緊張感あふれる柔道対空手の戦い。

            美しい両者の礼。
            試合後の桜吹雪。演出も日本的な美を追求して独特の世界観をだしています。
            | 大会 | 23:52 | - | - | - |