RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

林先生喧嘩術の極意を伝授
0
    拳功房でナイフで首を斬られたら、どう対応するか?と言う身体操作を練習していたら、今のはどうやったの?と突然林先生登場。 本当は5時半に日暮里で待ち合わせしていたのですが、生徒の試合が早く終わってしまったのでしょう。 4時頃に早くも道場についてしまったようです。 私が見本を見せ、生徒のナイフを0、1秒くらいの反応でよけていたら、その身体操作は最も速い。と林先生。全身の力を抜いて、身体の奥の筋肉を震わせるようにして動く。プルン!と震えるように動きつつワンツースリーまで出す。格闘技でもすばやく動くときに使える。と林先生。なんと喧嘩術にもやはり身体を速く動かす身体操作はあったのです。 今、川嶋先生が気の力の解明の原稿をすすめていますが、林先生も経験的によく似た動きをします。経験を積むと、一瞬の攻撃にも人は対応できるようになります。 林先生がおっしゃるように、その前提は全身の脱力。これができると震わすだけで距離がなくとも威力も出せる。全く中国武術と一緒ですね。こうした高度な身体操作は武術や流派を超えて共通しているようです。 今週の金曜の夜からは私を中心にそうした研究会を発足させる予定です。参加者は拳功房の黒帯以上。今のところ一般募集はなし。 武術の研究は奥に行くほど面白くなってきますね。
    ナイフ受けの練習中に突然登場する怪しい人物。
    身体を震わせる身体操作を見せる林先生。肩甲骨を上手く使います。
    林先生の寸勁は威力ありそう。

    後ろから殴られたらどうするんですか?という佐藤君の質問に、ワシは大丈夫。パンチがツルツルで滑ってしまうから、と喧嘩術の極意を伝授。
    最後はやはりこれでしょ。今回のテーマは喋る男は女にモテない。
    | BUDO-STATION | 20:42 | - | - | - |
    アメブロもマニアックで面白い
    0
      BUDO-STATIONの女子会員さんの勧めで先月からアメブロやネイバーをいじるようになりました。 男性は私のフェイスブックやフルコムのホームページなどから情報を得ることが多く、道場や新刊本の宣伝にも役立っている。 でも、女子はそもそもそんなところを検索しないので、全く違う情報発信源を持たなくてはならない、とアドバイスされたからです。 手探りでアメブロを始め、最初は公式ブログを転載してたのですが、考えたらこれでは今までと同じで男にしか響かない。 女子や格闘技に興味のない人にも響き、かつ最終的に道場に引き込むには?と考え、内容を全く変えることにしました。 ブログのタイトルも公式ではないので「山田英司の非officialブログ 利用客の多い武道駅」にし、私が武術とアニメに詳しいので、今人気の名探偵コナンの技術分析を手始めに書くことにしました。 まだ、二回しかアメブロに書いてないので実質1週間くらいの間ですが、一回目の投稿でスポーツ観戦というジャンルで64位。二回目は1日1300人以上の人が見て、ジャンルのランク19位だそうです。 一回目は世良の先生、二回目は世良の動きのモデルを解明しましたが、オタクは止まることを知らないので、さらにマニアックになっていきます。 武術に詳しい人ならもっと面白いのでチェックして下さいね。
      スポーツ観戦ジャンルの19位だそうです。
      | BUDO-STATION | 15:59 | - | - | - |
      受け付けで絶叫が聞こえたワケ
      0
        budo-stationには時々マニアのような変わった人が訪ねてくることがあります。 昨日も、田口先生と打ち合わせをしていると「失礼しまーす」とオタクっぽい人が受け付けに来たので、田口先生が対応すると、「ああっ!」と絶叫が。 編集部にいた私も慌てて受け付けに行くと、私も思わず「ああっ!」 なんと、そこには黒髪のオタクが。良く見ると顔が瀬戸先生。 「一体どうしたんですか?」と聞くと、今働いている会社の上層部の人に、先日、金髪をやめるように、と注意されていたそうです。でも瀬戸先生は、今、フルコムでカマキリ拳法のDVDを撮影中だったので、「絵が合わなくなるので撮影終了まで待って欲しい」とお願いしていたそう。でも、撮影は先日終了したので、今日から黒髪になったということでした。 瀬戸先生が武術マニアなのは知っていましたが、黒髪になると、なるほど、確かにオタクに見え、しかもあまり強そうに見えないから不思議。 金髪は、奥さんのアドバイスで、プロの試合や本に出るときのキャラ作りの一環だったそうです。奥さんも芸能活動していたので、キャラ作りのアドバイスは的確です。 そんな訳で今後のカンフーランドはちょっと真面目でオタクっぽい瀬戸先生が指導することになったので、皆様よろしくお願いします。

        こんな人がフラーッと受け付けに来たら誰でも「ああっ!」ですよね。
        野沢君はご存知フルコムの制服でいたので、2人並ぶとこんな感じ。やはり「ああっ!」
        | BUDO-STATION | 18:34 | - | - | - |
        あらまるNEXTがやって来た
        0
          今日はブドステに荒川、千代田、文京のケーブルテレビ「あらまるNEXT」の取材陣が登場。タレントでりポーターの阿部智帆さんがなぜか三度笠を被り、「頼もう!」と入って来たので、私が蟷螂五打連環劈で迎え打つ、というシュールな掴みから私のインタビューが始まりました。 阿部さんはさらにkick-outの突撃体験取材。しかし、タレントの人は皆ダンスをやってるからか、その身体能力の高さには毎回驚かされます。 阿部さんも一発で小林先生の動きを覚え、脱力したままリズムに乗ってコンビネーション。真剣にやったら強くなりますね。スリムなモデル体形の阿部さんでも相当ウェイトダウン。最後は悲鳴を上げて床に倒れてくれたので、テレビ的にもいい絵が撮れました。よしよし狙い通り。 さらにカンフーランドも体験。生徒の幼稚園生のG君は日頃は道場を駆け回る腕白ぶりに大人達は皆手を焼かされてましたが、今日、阿部さんにマイクを向けられて「幾つですか?」「いつからやってるんですか?」と聞かれても石になって直立で無言。お姉さんがいなくなったらいつものように暴れてましたが、小さい男の子にとって一番怖いのは、「綺麗なお姉さん」だったんですね。そう言えば私も子供の頃はそうでした。 そんな楽しい取材の放送は、荒川、千代田、文京のケーブルテレビの「あらまるNEXT」で9月3日(月)から9日までの1週間11CHで6時、8時半、13時半。10CHで11時半、14時半、22時半からの30分。荒川、千代田、文京のケーブルテレビに入ってる人はぜひチェックですよ。
          阿部さんを囲んでみんなでポーズ。これはエンディングのカットでした。
          kick-outを体験した阿部さん。「最後は小林先生が鬼に見えた」。
          カンフーランドでは瀬戸先生とアクションも。ハイキックで倒したら、

          このポーズ。可愛いぞ。
          硬直する子供達と記念のポーズ。
          | BUDO-STATION | 20:26 | - | - | - |
          川嶋理論、ついに禁断の気の解明へ
          0
            今日は金曜日。川嶋先生と新しい書籍を打ち合わせしていると、竹内先生や瀬戸先生、ついにはアブィ先生まで登場。その間、瀬戸先生は関西の地上波に要請され、鉄砂掌の演武を撮影。竹内先生は24式太極拳の新しい練習法を色々工夫し、その研究の成果を披露してくれます。 川嶋先生も興味深げに見られていましたが、budo-stationは、様々な先生が直接交流できるので、互いに刺激しあい、レベルの高い研鑽が可能。まさに武道の情報発信ステーションになりつつあります。私もそんな中に身を置き、毎日が刺激の連続です。 それにしても今回の川嶋先生の研究報告は凄かった。その内容は到底ここで紹介しきれるものではありませんが、ちょっとだけ公開すると、ズバリ「気の解明」。とうとうこのテーマに来たか。 これまで武術界で誰も解明できなかった壮大で奥深いテーマについに川嶋先生が斬り込んでしまいました。その内容は目からウロコ。相対軸や内発動の解明と気がどう結びつくのか?極めて科学的で実証的な論でした。昔のサムライがなぜ禅をし、命を賭けた戦いに臨んだかもよくわかります。 武術界、武道界が待ち望んだ気、そして悟りの境地。川嶋理論は増す増す先鋭的になり、武術界最後のテーマに切り込みます。
            川嶋先生の鶴の構えを中心に、瀬戸先生と竹内先生。
            瀬戸先生は一階で鉄砂掌。
            竹内先生は新しい太極拳練習を瀬戸先生に伝授。これも面白い。
            アヴィ先生も乱入。川嶋先生は鶴のポーズ。でも本当はむちゃくちゃインテリジェンスのある先生なんですよ。
            重りを手に持ち3分間。筋肉で支えきれないとどうなるか。骨の無反動化が起きて、さらに頑張ることができる。不思議だけど事実。筋肉を超えた力は現実にあります。 、
            | BUDO-STATION | 22:43 | - | - | - |