RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

某大手週刊誌の取材でした
0
    今日は、某大手週刊誌の取材。詳しくはまだ発表できませんが、私の拳功房と、野沢君のマーシャルボディから、中高年の健康に役立つ運動を紹介しました。 マーシャルボディは美琴ちゃんがモデルの助っ人。実際のクラスでも野沢君の指導をお手伝いできるほどに実力を磨いてきました。 オジさん達に指導するなら、若い女の子の方がいいですもんね。 取材が終わると野沢君は緊張感から解放された喜びで早速ビール。 本当は痛風には良くないのに、医者の言うことなど全く無視してますね。 ま、武術をやる人間は医者の言うことは聞かず、自分の身体は自己責任で管理する、と言うのが基本です。私も医者の言うことは信用せず、全て武術の教えで健康管理。それが今回の取材内容なので、ま、有言実行と言うところでしょうか。記事の掲載が決まったら、またお知らせしますね。
    私の取材は五行の気。
    カメラの前で美琴ちゃんのニコニコポーズはマーシャルボディのワニ歩き。
    終わったら、早速オジさんポーズでビールを飲む野沢君。
    | BUDO-STATION | 21:01 | - | - | - |
    土曜日11時からシステマ発進
    0
      2月10日の土曜日11時から12時半、天田先生のシステマクラスが本格始動。神秘的に見えるシステマの練習法が、実は極めて合理的な理に基づき、誰もが、武術的なステップアップを目指せる体系であることが良くわかります。 その大好評の天田先生のシステマクラスが定期クラスとなりました。希望者は、ぜひこの機会をお見逃しなく。 今なら入会金は半額。月謝2000円。ビジター料金は3000円です。
      | BUDO-STATION | 16:59 | - | - | - |
      カマキリも喜ぶジークンドー
      0
        月曜日の夜7時からはジークンドー。だんだんやる事が高度になってきて、自由攻防も練習メニューに入ってきます。 まず、離れてからの軽い限定スパー。ジークンドーは基本右足前。いわゆるサウスポー構えが基本。ここから右のジャブ。後ろ足を寄せて右の回し蹴り、前蹴り、横蹴りなどへ素早く繋げる。蹴ったあとは、蹴り足、軸足の順に素早く元の構えに戻る。これがペンデュラム(振り子)というステップ。確かにブルース・リーは映画でも蹴りの後はこのステップを使ってましたね。 蟷螂拳で言えば崩歩。さらには、右のジャブから回し蹴りや横蹴りで金的を狙う動きは崩捶閉門脚。ブルース・リーが詠春拳をベースにジークンドーを体系立てた事は良く知られていますが、私はむしろ北派蟷螂拳のステップやリズムの影響の方が強いのではないか、と常々思っていました。香港では、精武体育会系の蟷螂拳を黄漢勛が広めており、書籍も30冊も出していたので、研究熱心なブルース・リーが北派蟷螂拳を研究しないわけがありません。 今回、蟷螂拳の瀬戸先生も練習に参加していましたが、ジークンドーの動きは極めてしっくり来るようで、前手、前足の限定スパーでは、崩捶閉門脚など、蟷螂拳の動きをフルに活用して戦っていました。 ちなみに、瀬戸先生の蟷螂拳で強くなる本も現在製作中。BUDO-STATIONからはガンガン武術の情報を発信していきますよ。
        右ジャブから
        後ろ足を寄せて右の回し蹴りで金的。練習ではインローを蹴る。
        体重差があっても有効な護身的な技がジークンドーの基本。

        ちなみに瀬戸先生が行うと蟷螂拳の崩捶閉門脚。蟷螂拳もこうしたスパーをやるといいかもしれません。
        これはフリーのトラッピング。詠春拳的な攻防の軽いスパーと言えます。ジークンドーには興味深いスパー法がたくさんあります。
        | BUDO-STATION | 18:16 | - | - | - |
        ムエタイの基本はワニ歩き
        0
          マーシャルボディ・ムエタイの練習会。より、実戦性と即戦力となる動きを追求しようと思ったら、合理的な体幹の動きを身につけるのが一番。実はムエタイの動きは、ヤーンジョラケーというワニ歩きが基本。相対軸で言う左右引き伸ばし。これにビーナーという顔面捻りを加えて頭の重さを上手く使う。この体幹動作ができたら、日本人が苦手な膝蹴りや、ムエタイ式のミドル、さらにはタイ式のパンチもすぐに打てます。 日本人のクセとして、腰を水平に回して威力を出そうとします。空手やボクシングも基本、腰の水平運動から力を出すので、頭でも理解しやすい。でも、これは中心軸。身体をフルに活かすムエタイでは、実は腰の水平回転はほとんど用いず、体側や上丹田、中丹田、そして落下と浮上をフルに活かす体系。そう、ムエタイは相対軸で内発動なのです。むろん、空手やボクシング、他のスポーツでも上級者はこうした動きをしますが、ならば最初から相対軸や内発動理論の動きを基本にした方が上達が早い、というのがマーシャルボディの考え。そして、その基本の第一がワニ歩きという訳です。実際、わずか1時間の間に、体験者の蹴りは、みるみる重く、素早く、かつバランスが良くなります。終わった後は、希望者同士がスパーリングも行いますが、今習った技が、すぐにスパーリングで確認できるのが、マーシャルボディの面白さ。 ラウンド制で集中して行うので、短時間でも消費エネルギーは莫大なので、女性や中高年のダイエットにも最適。 マーシャルボディ・ムエタイはサラリーマンの為に毎週水曜、夜7時から8時までのクラスも設けました。一度体験するとやみつきになりますよ。
          左右に身体を折るワニ歩き。これがムエタイパワーの秘密。
          パンチの時にも顔面捻り。威力を増すだけでなく、防御も完璧。もう顔面パンチは怖くない。
          野沢先生が持つミットに、顔面捻りを加えると、威力が増すだけでなく、パンチももらわない。相対軸だからできる動きです。
          実は左側に身体を傾けた方が左の膝蹴りも威力が増す。中心軸だと、右側に傾きがち。ミットを蹴ると如実に違いが出ます。
          回し蹴りも左へ身体を締めるのがポイント。水平回転の回し蹴りは、右に傾きがち。相対軸理論がムエタイの基本となっています。
          | BUDO-STATION | 19:30 | - | - | - |
          1月13日はシステマ最後の練習会
          0
            1月13日土曜日は、2回目、最後のシステマ練習会です。天田先生のシステマの指導は、極めて明快です。一つ一つのワークが、何を目的にし、なぜ必要なのかを膨大なシステマの体系の中から整理し、そしゃくしてくれるので、システマ初心者にも理解しやすい。頭と身体が納得して動けるようになれば、様々な武道や、格闘技、スポーツなどにも応用が可能になります。練習会は今回が最後ですので、参加希望者はお早めにフルコムへメールで連絡を。 1月13日11時から12時半。BUDO-STATIONにて。入会金なしの当日払いの2000円。
            | BUDO-STATION | 18:20 | - | - | - |