RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 化勁と発勁は同じ原理 | main | アクションは武術家の主張 >>
太極拳で強くなれる!最強呉式太極拳の戦闘理論
0
    ようやく、沈先生の呉式太極拳の本の白焼き校正も完了。今回も相当苦労したせいか、感無量。
    じつは、呉式の達人、馬岳梁先生には個人的な思い入れがあります。あれは82年頃でしょうか。
    松田先生が大陸に拳法を学びにいくため、様様な調査を進めていました。大陸で太極拳が一番強い武術家は誰なのか?様様な関係者に聞くと、皆同じ人物の名前をあげたそうです。誰ですか?と聞くと、「馬岳梁だ」と先生。陳式ですか?と私が聞くと「いや、呉式だ」。呉式って何ですか?と聞くと、「楊家みたいなもんだ」と、先生。当時、一番強いのは陳式だ、と思っていた私は纒糸も発勁もない太極拳が強い理由がわかりませんでした。松田先生も不思議に思い、陳式の関係者にも問い合わせたようですが、彼らも馬岳梁という名前をあげたそうです。「こりゃ、一度馬岳梁に実際に会うしかないな。一緒に行くか。」と松田先生。結局、馬先生を訪ねる機会はありませんでしたが、もし、当時、私が松田先生と馬先生を訪ねたら、沈先生と出会っていたかもしれません。
    その後、松田先生は呉式を本格的に学ぶ機会がなくお亡くなりになってしまいましたが、私はこの時の言葉がずっと頭に残っており、何とか馬先生と呉式の強さを解明したいと願っていました。今回、この本を作り、ようやく秘密を解明する糸口がつかめました。
    松田先生にも、ぜひ読んでほしかった本。タイトルはズバリ「太極拳で強くなれる! 最強呉式太極拳の戦闘理論」90分DVDつきで2300円。11月上旬には全国書店で発売です。

    カバーもカッコいいでしょ。


    こちらはカバー下の表紙。渋い秘伝書風です。
    | 出版 | 18:36 | comments(1) | - | - |
    山田さま。コメントへの返信ありがとうございます。
    「呉式太極拳」の書籍、楽しみにしています。
    | ワタナベ ユタカ | 2014/10/25 8:01 PM |