RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 空手の実戦観のコペルニクス的転回 | main | 村井師範の技術本、見本完成 >>
達人大月晴明41歳の戦い
0
    今日はKrushの昼、夜連続興行。練習の後、夜の部にセーフ。大月晴明選手の復帰戦が組まれています。膝を怪我し、60キロ王座を返上し、無冠となった大月選手が、12戦9勝5KOと若くてイキのいいレオナ・ペダス選手を迎えうつ注目の一戦。いやあ、予想通り、凄い試合でした。
    1R大月選手が早々とダウンを奪い、いつものように圧勝かと思いきや、2Rペダス選手がパンチで大月選手から二度のダウンを奪い返します。私の記憶では大月選手がパンチを喰らうことはあっても、ダウンをするのは初めてじゃないでしょうか。額からも流血し、絶体絶命の3R。なんと大月選手は最後の気力を振り絞り、再び二度のダウンを奪い返し、相手をKO寸前まで追い込み、逆転の判定勝ち。41歳なのに本当に凄い男です。
    しかし、私の見るところ、大月選手の見切りが昔と微妙にズレてます。私も経験があるのですが、相手のパンチが見えて、いつものように10センチスウェイしたつもりが、身体が5センチしか反応せず喰らってしまうことがあります。神経と身体自体の動きが知らず知らずズレてくるものです。
    私の方が大月選手より歳をとってるので、この辺は詳しいのです。(こんな事自慢してもしょうがないですが) 。相手だけでなく、自分の衰えとも戦わねばいけないのですから、大月選手の大変さがわかります。私はその衰えをカバーする道を伝統武術に見出しましたが、大月選手は今後、どうカバーしていくのか?歳をとり、大月選手はさらに気になる選手になってきました。

    両手を下げて遠く間合いを取る大月選手。


    1Rは、達人の見切りで相手の攻撃をスレスレでかわしますが、疲れの出る2Rからは身体の反応が微妙に遅れだしました。

    そしてついに大月選手が二度もリングに手を着く日がきました。これで終わりか、と誰もが思いました。


    すると3R、相打ちぎみの捨て味のパンチで二度のダウンを奪い返します。この辺は真剣での斬り合いのような迫力がありました。

    ついに逆転勝ち。勝利者賞を渡した宮田さんの感無量の顔。
    | 大会 | 21:49 | comments(2) | - | - |
    GAORAで観ていました、3R開始に手を広げて抱き合う、男らしい闘いでした!
    | ぬこやなぎ | 2015/01/05 5:03 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2015/03/23 7:24 PM |