RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 伝統武術が強い巌流島 | main | 27回目の新空手全日本大会に思う >>
林先生も驚いた川嶋先生の相対軸講習会
0
    今日はBUDO-STATION第2回講習会。川嶋先生の相対軸。本では、その迫力が伝わりにくかったですが、実際にミットを持って川嶋先生の蹴りや突きを受け、その威力と迫力にびっくり。まさか、あのフォームで威力が出るとは最初は思いませんよね。
    しかし、参加者も川嶋先生の指導の元、みるみる威力が出ていくので、不思議がってました。とにかく、固定観念を捨て、徹底して検証していく。川嶋理論は、格闘技界、空手界の常識を180度ひっくり返すかもしれない爆弾理論なので、頭の硬い指導者はついていけないようです。
    実際、私のフェイスブックなどに、なぜ無名で若い人を取り上げるのか?と言う意見を寄せる指導者がいたのにはビックリ。石井館長だって、ヒクソンだって最初に私が取り上げた時は無名でした。しかし、この人の理論も実力も本物だ、と思うから、無名でも取り上げるわけです。有名になった人を追いかけるだけなら素人でもできますからね。
    逆に、頭の柔軟な林先生は立派です。今、喧嘩術であんなに有名になってるのに、川嶋先生の理論は勉強になりそうだ、と思えば、オブザーバーではなく、参加費を払って生徒として講習会に参加。熱心に川嶋先生に質問したりしてましたが、この姿勢は中々マネできません。「頭では理解できても中々身体が言うこときかない」と客観視する林先生の態度こそ、強くなる人の態度なんだな、と再認識させられた次第。林先生の参入もあり、和気藹々とした楽しい講習会になりました。

    肩甲骨を出す練習。ガッチリ拳を抑えられると腕力では押し返せない。

    しかし、肩甲骨を使うと簡単に押し返せます。

    全身の力を抜く練習。微動だにしないのではなく、ゆらゆらしつつバランスを取る

    軸足に体重を乗せる前に蹴りをヒットさせるとズシリと重い蹴りに。

    骨盤を前に出さずに蹴る練習。

    熱心に質問する林先生。

    参加者と記念撮影。

    終わったあとは懇談会。酒が入ると話しも弾む。

    東京タワーに初めて登った、と喜ぶ林先生。川嶋先生と記念撮影。
    | 日常 | 21:25 | - | - | - |