RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< DVD「初めての喧嘩術」 | main | 天才に勝ち、鈍才がkrush王者についた >>
池田先生の圧倒的な武術力と人間力
0
    今日は第3回BUDO-STATIONの講習会。池田先生の4呼間の動きと戦闘理論。多くの参加者があり、熱気のこもった池田ワールド全開でした。ナイハンチの型を中心に、太極拳の理を生かした戦闘法が紹介されましたが、講義は脱線、というか多岐に及び、そのたびに見せる池田先生の不思議な武術力に参加者は圧倒されていました。池田先生が姿勢を正すと、喉や金的を打たれてもビクともしなくなるパフォーマンスを参加者がその場でできてしまったのにも驚きです。
    また、押されてもビクともしない姿勢も皆できてしまいます。
    3時間半の講習はあっと言う間でしたが、そのあと皆でインド料理屋へ。ここでも池田先生のお話と実技講習が3時間半。インド料理屋で腕相撲のコツや、様々な発勁法、などのお話しが続き、池田先生は計7時間ぶっ続けで講習会をやったことになります。そのパワーは凄まじい。私が講習会で皆さんにお伝えしたかったのも、その人間力です。65歳にしてこの実力と人間力。人は人に最も影響を受けます。真っ直ぐに毎日鍛錬を続けると、人はここまで凄くなれる。その事実を目の当たりにした人間は必ず武術と鍛錬を信用できるようになる。それが参加者の何よりの収穫だったでしょう。

    池田先生が参加者の首の後ろを整え、背中を自然に伸ばすと、喉や首に打撃を喰らってもビクともしません。

    三戦の歩法で突きをギリギリで見切る。

    大勢で押されても相手の肘をコントロールして押し返す。

    終了証を手にした参加者達と。

    インド料理屋で乾杯。


    怪力の参加者にも、池田先生は勁を使った腕相撲。指一本だけでなく、割り箸やナンを掴ませても勝ててしまいます。
    | 大会 | 21:40 | - | - | - |