RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 恐るべきローコンバット講習会 | main | アヴィ先生の一階道場大改造計画 >>
母校から、道場、倉本塾忘年会へ
0
    きょうはダブルで会に出席。昼は久しぶりに母校の開成で恩師の偲ぶ会に。美術部の先生は、勉強ばかりしないで、自分のやりたいことを貫け、と私に教えてくれた恩師でした。図らずも松田先生と同じタイプの先生で、このお二人の影響がおおきかったので、私はこんなになっちゃったんですね。私は中学の頃から、その先生に学校近くの飲み屋に連れていかれて、勉強以外の様々なことを学びました。昔は開成にもそんな先生がいたのです。 道場は近いので一度道場に顔をだし、一時間ほど指導してすぐに倉本塾忘年会に。まさに師走ですね。 倉本塾の演武は、試し割りも演武も毎年進化。本物の武術の迫力を目の当たりにすると、自分はまだまだと思わされるので、私はこの会が大好きです。よし、明日からも頑張ろう。
    ペン剣の旗の前で美術部員を中心に。久しぶりに校歌を大熱唱でした。
    こちらは倉本塾忘年会。5秒、10秒、15秒の組み手。時間が短いので互いに一気にスパートです。
    川嶋先生のヤシの実割り。見事に手刀で真っ二つ。
    複数の相手が一人の人間に一気に襲う組み手にも感動。拳功房でも研究してますが、全く格闘技とは動きが変わります。

    6センチ角材を、ローキック、手刀、回転裏拳で次々と割っていく演武には度肝を抜かれました。
    谷川君や金沢久幸会長、しょこたんのお姉さんかと思ったマインドブロックバスターの小林祥子先生と蟷螂手。
    | 日常 | 21:30 | - | - | - |