RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 中村先生の関節技はかけられる前から痛い | main | ファイティングシステムを知ってますか? >>
倉本先生が語る心技体と揺らぎ
0
    週女の由井さんと格闘技ライターの矢萩さんの3人で倉本塾に打ち合わせに行って来ました。BUDO-STATIONでは、現在、倉本先生のクラスは一般の参加不可にして、非公開の特別クラスとなっています。 今後の倉本先生の講習内容の伝授形式は、マスコミを通じての、新しい講習形式にしていかねばならないと考えています。 先日のスポーツ選手を対象にしたセミナーでは、トレーナー向けに、心技体の揺らぎの原因を講義されたそうです。 人間の体調は毎日ふらふらと揺らぎがある。心技体がいつも一致するわけではない。風邪を引いた訳でもないのに体調が悪かったり、集中力がない日がある。それは自律神経が乱れるからで、ほっておくと鬱になったりする。では、なぜ自律神経が乱れるのか?それは骨盤のずれが原因。従って薬を飲む前に骨盤ストレッチをして、骨盤職人で調整する。不調の大元の原因を取らずに、投薬や治療をしても治らない。自分が体調が悪かったり、鬱ぎみになってもその原因さえ分かれば、うろたえたり、自分を責めたりしなくなる。 なんと、武術を突き詰め、ここまで心技体との関係を明らかにした武術家がかつていたでしょうか。 倉本先生のお話は聞くたびに感動します。また、武術の奥深さを痛感させられますね。
    道の書を前に先生と記念撮影。
    | BUDO-STATION | 18:43 | - | - | - |