RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 古流野沢逆手流とは? | main | クラヴマガの審査会は凄いぞ。 >>
古伝野沢逆手流はムエタイにも生きる
0
    野沢君が古伝野沢逆手流に開眼したので、早速マーシャルボディの練習に応用です。 なぜ逆手斬りが素早く動けるのか?おそらく肩甲骨発動を促し、落下もスムーズに行き、ノーモーションの内発動的動きになるからでしょう。 だとしたら、本家のムエタイの動きにも、内発動的動きを促す為に逆手斬りが逆に応用できるのではないか?そんな私の仮説のもとに、マーシャルボディでも武器を手にした練習をしてもらいました。 すると、なんと予想外の効果が。ムエタイで蹴る前の準備動作をディアムと言いますが、この時、頭の重さと肩甲骨発動を利用した手の振り上げ、そして前足の膝抜きが必要なのですが、これがなかなか難しい。つい、後ろ足の床反動や、肩甲骨主体でない動きになりがち。もちろんムエタイでは床を後ろ足で蹴るツーステップを多用しますが、これは応用。前足の抜きをノーモーションで出来ないとカウンターのミドルが放てません。 極めて武術的な動きですが、タイ人は自然にやっています。でも日本人は動きの理を理解し、段階的に学んでいかないとできませんね。武器を手にする逆手斬り練習法は採用ですね。
    川嶋先生の相対軸練習法で、足下に布を置いて床反動を使わない練習。つい後ろ足で床を押してしまうくせを取ります。
    このディアムを手に物を持ち、逆手斬りを行うと肩甲骨発動が促されます。

    さらに両手でナイフを逆手に持ち、左手で大きく斬り上げてから
    左ミドル。威力が全く変わります。
    | BUDO-STATION | 00:15 | - | - | - |