RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 50年前の開成水泳学校 | main | 三ツ山さん、一馬先生とのトリプル誕生会 >>
村田選手の強さの秘密
0
    川嶋先生が村田のパンチの強さが分かった、と言うので早速孝真会に行ってきました。もちろん書籍の為でもありますが、それ以上に自分の研究に直接役立ちますから。ポイントは腕の無反動化。ノーモーションでそんなに早くないのに、インパクトは充分のパンチが打てる。ポイントは肩の使い方と前腕の外旋。上体の引き伸ばしと共に行うと頭はまっすぐ立ったままなのに、重いパンチが。そう言えば村田選手はいつも上体を直立させていますね。 興味深いのは、この打ち方は距離があまり関係ないので、そのまま寸勁になる。私もちょうど寸勁の実戦での使い方と、突きの抜き動作は共通点がある、と言うことに気づき、拳功房で教えていたところ。同時発生的に同じようなことに気づきますね。 さらに話しは飛び、インパクトを入れる練習に、マススパーは不向き。新しい組み手ルールを考えるべき、と私が主張すると、川嶋先生もインパクト重視の寸勁スパーというのを研究しているそうです。な、なんと寸勁スパー!これも興味深い。 今度の本にはこうした川嶋先生の研究を一般の人にもできるだけわかりやすく紹介しますが、内容は濃くなるなあ。
    一般的なストレート。肩からまっすぐ出すと軌道はまっすぐでも、
    前腕の骨は目標にまっすぐではないので重くない。
    ところが、肩甲骨発動、上体の横引き伸ばし、前腕の外旋を入れると


    骨は一直線。ノーモーションでこの姿勢になれば、距離が無くても効く。これが腕の無反動化。空中腕相撲にも応用可能です。
    | 出版 | 17:27 | - | - | - |