RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 田口先生のそしゃく力に注目 | main | 林流プレッシャー克服術とは? >>
武器術で内発動を習得する
0
    武術では脱力が必要と皆いいますが、それは身体の重さを生かす為。とくに腕の重さを生かすには、腕の力を抜き、かつ、その重さを利用しなければいけないのですが、これが難しい。なぜなら、脳は日常的に重さがかかる腕の重さを感知しないからです。これを「順応」と言いますが、逆に手に物を持つと数十グラムでも重さの違いを感知できます。 私は脳のこのクセを利用して、素手の発勁動作を武器を持って行い、腕の重さを感知しつつ習得する方法を考案しました。 それが砲捶と砲捶刀。太極拳源流の地、陳家溝では、発勁を磨く砲捶が練習の中心であったことは良く知られています。老架はその入門型的存在ですね。 匪賊の撃退などに功のあった陳家溝の拳士達は、実戦では当然槍や刀を使っていました。となると、日頃練っている砲捶は、当然刀などの武器の基本身体操作を磨くもののはず。そこに目をつけて、私は砲捶を刀で行い、勁を磨く練習法を作りだした訳です。 生徒にやらせて見たらこれが効果抜群。内発動的動きが苦手な生徒も武器の後、素手で動くと素晴らしい動きになりました。 ただ欠点は、強い発勁動作を行うと、練習用の安物の刀が一発で壊れてしまうこと。 三本あった刀の内、既に二本が真っ二つに折れてしまいました。 動画は、動きを覚えるために生徒が撮ったものですが、私は最後の一本となった刀を壊さぬように、発勁は弱めに、動作はゆっくり目で行っています。 勁力を増すには、とても良い練習ですので、皆さんも一度試して見て下さい。

    素手の蔽身捶


    刀を持った蔽身捶
    | 武術理論 | 17:22 | - | - | - |