RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 1回のクラスで3キロ減のKICK-OUT | main | 進化するbudo-stationは凄い >>
からだからのメッセージが人生を変える
0
    週女の由井さんから、「からだからのメッセージが人生を変える」という興味深い本が送られてきました。一種の占い本なんですが、タッキー先生は身体のメッセージを空海の宿曜経を基に、水蓮先生は日本古来のことだまをもとにことだまマトリクスを作り、音韻を占うというもの。 両先生とも発想が凄い!私の所には色々と書評の依頼がきますが、私の武術研究の基本スタンスは歴史と技術の双方向からアプローチすること。松田先生が確立した方法論です。 ことだまも武術とは深いつながりをあるので、これをもし歴史的に解明しようと思ったら、ことだまの集大成である万葉集、その主役の柿本人麿、平城京と平安京への影響、陰陽道、呪術、その研究者である賀茂真淵や折口信夫、梅原猛、井沢元彦などにも言及しないわけにはいきません。晴れと穢れの思想がことだまの背景にありますから、突き詰めると今日の部落問題や天皇制にまで行き着き、ことだま研究はまさに日本とは何か?を問うことになります。 しかし水蓮先生のことだま研究は、音韻論的なオノマトペという擬声語、擬音語をもとにしているのでしょうか。でも、こちらも日本語で研究するのは大変です。近年では企業のネーミング研究でオノマトペ研究は進んでいますが、フワフワとモコモコの差は人間は分かっても人工知能にはわからない。犬の鳴き声だけでも国や民族で違う。まして日本人は唯一虫の声を雑音と聞かない民族。それに加えて日本人は手塚治虫が開発した漫画のオノマトペが異様に発達した文化の中で生きてきたので、これを数値化したり、理論化できたらノーベル賞ものです。こうした作業をあっさりとクリアしてしまったのなら、その研究成果は占いなんかより、もっと人類全体に役立たせた方がいいんじゃないかなあ。 という具合に、この本はからだを通して歴史や文化にも思いを馳せることのできる、一種の哲学本と考えるとムチャクチャ面白いですよ。
    主婦と生活社から。1400円+税
    | 日常 | 17:35 | - | - | - |