RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 林先生喧嘩術の極意を伝授 | main | 金曜の夜、怪しい人達が集まる >>
心と身体が深く関わる虚実の理
0
    今日は三鷹の孝真会に川嶋先生をお訪ねしました。今、川嶋先生が取りくんでいるのは、まさに武術史に残るであろう画期的な研究です。 一言で言えば、心と身体の関わりを明らかにし、これを武術や実生活にどう活かすか?という壮大な試み。プラトンやカント、デカルト、メルロポンティも解けなかった心体二元論の問題を、武術という視点から切り込みます。 哲学者と違い、川嶋先生はあくまでも、実際の戦いを想定し、考察していくのでリアリティが違う。 相手の虚と実に惑わされず、自身の身体は無意識下に反応させる。これが武術の目指すこところですが、その為には心と身体をどのように結びつければいいのか。また、心と身体をどのような状態にしておけばいいのか? 武術界最大のナゾ、気の力の解明にも結びつく内容。しかし、この内容を読者にどう伝えるか?は難しい。ここからが編集の大変なところです。
    通常のナイハンチ、諸手突き。目と攻撃方向が一致。
    川嶋式応用ナイハンチ型は、目で見ずに突き、
    そこから視線を送る。目で見ないことで虚実に対応します。
    | 出版 | 19:25 | - | - | - |