RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 心と身体が深く関わる虚実の理 | main | 浜辺美波が武術をやる日 >>
金曜の夜、怪しい人達が集まる
0
    今日から内部交流と研究を目的にしたブドステ研究会が発足。主に拳功房の黒帯や有志が対象。難しい型や技の伝承の他、一馬先生のカリを中心にした武器のルール化なども研究していく予定です。 今日の主なメニューは五行の気のおさらいと勁のチェック。さらには脱力のための劈掛の二路。八極拳は基本の内は中心軸的な動きが多いですが、途中から劈掛が入ると相対軸的な動きが加わり、六大開なども一瞬の動きで入れるようになります。 こうなるとフェイントや連打なども不要になってくるので基本の単純な技が生きてきます。松田先生の口癖の「八極はドカーンと一発だよ」もようやく現実味を帯びてきます。 こうした高度な攻防研究に加えて一馬先生のカリファイトのルール化なども研究していく予定です。武器の視点から型を見ると、素手の攻防では気づかなかった理が見えてくることはしばしば。武器術の研究もすればするほど面白いですね。 相手と組みあったら、

    脾胃の気を活かして腹で体当たり。これは王樹金先生の得意技。例の有名空手家をKOしたのは、実は膝蹴りではなくて、この動きだったのです。
    でも、はたから見るとただの怪しい人達です。
    | BUDO-STATION | 23:08 | - | - | - |