RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 人は天気を自由に操れるのか? | main | 昔の小八極には秘伝が満載 >>
武術に応用の効くことわざ本
0
    また本の紹介。週女の由井さんから送られて来たのが「このことわざ、科学的に立証されているんです」(堀田秀吾 著)ということわざ本。私もことわざ本は企画してたので興味深々。 武術に関係ある記述は、例えばコーネル大学の心理学研究による「ダニング、クルーガー効果」。「能力の低い人ほど自分の未熟さや他人のスキルを認識できず、自分を過大評価する」など、先日川嶋先生とお話しした内容と同じ。相対軸や内発動理論への反発はほとんど中心軸しか知らない人達からですね。 また、他の武術の批判をする人も、大抵は武術の発展段階を理解せず、自分の価値観しか知らない人達。この研究は、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」のことわざの証明で引用されていましたが、「井の中の蛙大海を知らず」のがピンときますね。 また、ブルース・リーの「Don't think feel!」もロンドンの大学の研究によると瞬間的に見る映像の方が、1・5秒見る映像より正確に認識でき、直感の凄さを証明。また、ボーとすると、実は脳は働いていないのではなく、集中ではなく、全方位にまんべんなく働いている。武術に必要な脳の働きですね。 なんていう具合に、いくらでも武術に応用出来そうな科学実験の実例が上がっているのが面白い。勉強になりました。 主婦と生活社から1300円+税
    | 日常 | 18:08 | - | - | - |