RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 武術とは「もうダメだ」と言わない事 | main | 健康にいい発勁 >>
新元号「令和」の意味とは?
0
    新元号は「令和」。そういえば少し前に元号の名称をスクープした騒ぎがありました。その時は「永光」でしたが、やはりガセだったんですね。 新元号に対し、天皇に時間を支配されたくない、と一部のレフトの人は騒ぎますが、この人達が反対するということは、日本人のアイデンティティには元号は欠かせない、ということでしょうね。 ある調査で自国に生まれてよかった、と言う比率が高いのが、タイと日本とイギリス。いずれもキングの存在する国で、国民はキングが大好き。やはり人心をまとめるには象徴的な人物が必要なんですね。 ちなみに「令和」は、万葉集を原点とする言葉と言われていますが、もちろん建て前でしょう。「令」や「和」の言葉はあっても「令和」と言う言葉は万葉集にも中国の古典にもない。問題はなぜ数ある言葉の中から「れいわ」という言葉を選択したか?そこに選定者の意思がある訳です。 結論から言うと、「礼」と「和」でしょう。今後日本が多国籍化していく中で、日本人のアイデンティティを保持していくキーワードが「礼」と「和」です。日本的な文化とコミュニティをいかに維持していくか? 今後の我々には、そんな課題が課せられている。その覚悟を新元号が促している気がします。
    | 日常 | 18:29 | - | - | - |