RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 令和の最初は蘇昱彰先生の教え | main | 良くやった!酔拳野郎。 >>
ついに酔拳野郎の戦法が決まった
0
    昨日が巌流島に向けて、酔拳野郎今野選手の最後の練習。瀬戸先生の総仕上げです。 実は、ここ数週間の今野選手のレベルアップは武術理論上、極めて興味深いものです。 私がこれまで本などで発表してきた発展段階を、今野選手は数日で経験した感があります。だから、試合や試験は重要。人を急成長させるきっかけを与えてくれます。 昨日の段階では、今野選手の戦い方はどん底。一馬選手にボコラれた後が大切。思った通り、普通の格闘技の構えと動きになっていました。 私もスパーで八極拳が使えなかったりして、こうなったことがあるのでそれは想定内。 問題はその後です。ルールの中で格闘技ではない、武術の動きをすると、不利になるから格闘技になるわけで、有利になれば武術の動きになる。勝つ為の動きを選択するのは当然ですからね。 しかし、私は今野選手の動きにNGを出し、そこから瀬戸先生がそのNG部分をカバーする酔拳の理を考察。これは素晴らしかった。瀬戸先生はある種の天才です。 そのヒラメキに沿ってラウンドごとのシナリオを作り、今野選手が試してみるとこれが強い。まさに酔拳野郎。ポイントは「試合時間全ての無軸化」と「虚の無軸化と実の無軸化」の使い分け。 追求していくうちに三歩珍拳などの必殺技にも開眼。本番で出たら凄い。 大観衆を前にデビュー戦の今野選手が体現できるかどうか?敵は自分自身ですね。

    虚の無軸化。詳しい内容は秘密。試合がおわったら公開します。

    ここからの寸勁が三歩珍拳。喰らうと立ってられません。

    強そうな瀬戸先生と全身アザだらけの酔拳野郎。素晴らしい師弟。両者とも打撃格闘技の公式試合では無敗ですよ。
    | 大会 | 15:49 | - | - | - |