RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< ディスアームが武術の力を磨く | main |
N国党がマツコとメディアをぶっつぶす?
0
    N国党の立花孝志氏とマツコデラックスのケンカは興味深いですね。マツコは性的マイノリティーを売りに毒舌を吐き、地上波テレビで大人気。頭がいいのでそのコメントは面白いですが、よりマイノリティーの立場を強調するユーチューバー国会議員にピンチに立たされています。 立花氏は、NHKに象徴される既得権益者を弱者が潰す、と言うスタンスからマツコを攻めた為、今やマイノリティーではなく、既得権益者側に回っているマツコ、とのイメージを植え付けてしまいました。マツコは自分の得意技で攻められ、反撃不可能。問題の「5時に夢中」は降板するようだし、これで弱者の味方のマツコの幻想は一気に崩されました。 これは歴史的な事件かもしれません。なにしろ地上波の人気タレントがユーチューバーに追い詰めらるなどかつてないこと。これまで地上波は圧倒的な影響力があり、一般人は反論不可能だったのです。 同じく文春砲と言われた週刊文春の追求にも、立花氏は文書ではなく、ユーチューブ上で質問状を公開し、その不遜な取材方法を暴露し、文春を黙らせてしまいました。 オールドメディアと言われるテレビと週刊誌と言う巨大メディアが、たった一本のユーチューブ動画で論破され、世論を味方にしてしまう。そんな時代が来るとは思いませんでした。まさにメディアの地殻変動が起りつつあるのがひしひしと感じられます。
    れいわ新撰組もすっかりかすむほど、ネットの話題は今はN国党に集中。ネット民の支持を得るとこれほどの力を発揮できるんですね。
    | 日常 | 18:20 | - | - | - |