RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 太極拳の実戦性もこのルールなら蘇る | main | 漫画「こまどりの詩」を読む >>
ローコンバット本が今日発売
0
    「ストリート無敗!ローコンバット」が、今日全国の書店で一斉発売。東邦出版から1800円+税。今度の本も面白いですよ。 喧嘩術同様、実戦や護身では戦う前が大事。ホロウェイ先生は、直面する脅威をカラーチャート五段階で整理。信号と同じく黄色は注意。赤は脅威との戦闘。大切なのはその中間のオレンジ。脅威が迫ってくるが、闘いは始まらない。しかし、闘いの準備はこの段階でしておかねばならない。この段階が一番大事。しかし、日本人が苦手で、また、日本の護身術などでスルーされてるのが、この段階の教え。 まず、相手をパーソナルスペースに入れないことが護身の基本ですが、その為には近づいてきた時に、既に身体を正面に向け、両手を胸などに上げておく。 こうすれば、仮に闘いが始まっても、その手で目打ちでもノド輪でも、押し返しでも可能。相手次第で動きは選択しますが、その為の準備だけはしておかねばならない。 闘いは手の届く距離から始まるわけです。 すると格闘技とは、構えも何も変わる。 今回、ブドステで武術トライアルのルールを考える上でも多いに参考にさせていただきました。武術、格闘技マニアは必見の本ですよ。
    オレンジの段階で身体を正面に向け、両手は胸に。
    ここから目打ちは簡単。
    そこから右ストレートにもすぐつなげられる。でも、このストレート、格闘技と同じフォームに見えるけど、素手独特の注意点があります。
    | 出版 | 19:53 | - | - | - |