RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 漫画「こまどりの詩」を読む | main | 初の武術トライアルは凄かった。 >>
倉本先生に武術トライアルのご報告
0
    倉本塾に、倉本先生を訪ねました。ご無沙汰してたので、その間のご報告と明後日、ブドステ初の武術トライアルを行うご報告です。 ルールは1から4まであり、それぞれ別の実戦局面を切り取っています。 ルール1は狭い土俵からの押し出しで試合時間10秒。もともと10秒組み手や3秒組み手は倉本先生の発案なのです。先生はブドステルールブックを興味深そうに見られていました。 私が、キックや空手のルールでは、太極拳など中国武術は使いにくいが、このルールなら力を発揮できるのではないでしょうか、と言うと、倉本先生の答えは凄かったですよ。 「キックも柔道も太極拳もノールールで戦えば何が実戦的かわかる。」とのこと。 しかし、そうもできないので、防具を付けてルール化するのはしょうがない。 そして、「試合当日は用事があって行けないが、ぜひ映像を見せて欲しい」とのこと。ありがたい。こちらこそ、倉本先生には試合を見て批評をいただきたかったのです。 試合当日は川嶋先生や林先生も登場されるとのこと。実戦を知る先生方が、興味を持っていただけるのはありがたい。 しかし、ルール作りは大変。今は産みの苦しみです。

    ルールブックを鋭い眼差しでチェックする倉本先生。「実戦性を追求しているルールだ。しかし、実際にやってみると穴が色々見つかるだろう。それでも、まずはやってみることだ。」とのお言葉をいただきました。
    | 日常 | 17:28 | - | - | - |