RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 顔面と金的ありが武術の土台 | main | アヴィ先生のサムライルールとは? >>
川嶋先生先生のサムライルールとは?
0
    川嶋先生登場。先日、ブドステでは武術トライアルを開催しましたが、その経験を踏まえ、さらに武術的な深まりを追求できるルールを試行中。すると川嶋先生からも、内発動や崩導を生かした武術ルールが完成した、とのお知らせ。 早速どんなルールかを教えてもらいました。 名付けてサムライルール。これは凄い。 我々は実戦ルールと言うと、技の過激化を連想しますが川嶋先生の実戦観は、さらにその上を行っていました。 格闘技は始め!の合図で相手をボコボコにしても怒られませんが、実際のケンカや護身ではそうはいきません。相手より先に手を出すわけにはいきませんし、かといって相手にやられてはいけない。いわば肉体的な敗北だけでなく、実際の我々は社会的な敗北も考慮して戦わねばならないのです。 その接点が、日本古来からの礼。サムライは名誉を重んじる為、礼を重視しつつ戦う。勝つ為には手段を選ばぬのではなく、社会の中で生きる我々は、どのような手段を瞬間的に選択するかが、問われるのです。 これを追求すると一見して非合理的に思える合気道の動きも極めて合理的であることがわかってきます。多分合気道をやっている人自身は気づいていないでしょうが、今制作中の川嶋先生の著作で明らかにされる予定です。
    正座からいつ刀で襲ってもいい。ちなみに刀の位置は右でも左でも構わない。
    襲おうとする相手の腕を封じる川嶋先生。まさに真剣白刃取りです。
    立ちポーズからの抜刀も可。内発動なら相手の手を封じることができます。
    構わず体当たりで飛ばそうとする野沢君に川嶋先生は逆手の頸動脈斬り。まさにリアルな殺陣のようで見ていても面白い。
    | 武術理論 | 21:49 | - | - | - |