RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< ジークンドーは土曜日5時と7時の二回 | main | スクーリングは秘伝大公開 >>
恐るべき呉式の収股
0
    水曜日は健康の為の五行の気、太極拳、八卦掌などのクラス。一般の主婦の方が中心です。ただ五行の気や九宮八卦などは、健康法であると同時に発勁練習。毎週続けているうちに生徒さん達の技術と理解のレベルが深まり、毎週マニアックで高度な質問にタジタジさせられます。 先週はなんと武壇の秘伝の収股についての質問が出たので、あらゆる疑問に答えることをモットーにする私は、ついに寸勁の秘密を指導してしまいました。 しかし、生徒さんは沈剛先生のブログの収股の練習が、気になっていた、ということが今日わかりました。 沈剛先生のブログ新天方夜譚物語1492話に収股のお話があり、孫禄堂師が壁に頭や半身をくっつけても反対の足が浮く。これが収股の力、というお話がありました。ブログではわかりにくかったので、今日沈剛先生に直接お聞きしました。 身体中の骨と骨の間にクッションを作るのが虚実。これができると骨盤を傾けなくとも、腰椎は横に動き、足が挙げられる。呉式の練習法ではないが、遊びでここのところ練習しているだけです、とのこと。 やり方をアップしておきますので、興味のある方はチャレンジを。 しかし、呉式太極拳の身体操作は驚くほど精密ですね。 孫禄堂師が行なったと言われる手と身体、頭を付け、右足は足刀部を壁に付け、この姿勢で左足を浮かす。
    左手を壁につけてもOK。ただし足は足刀部をつける。

    収股ができると、写真のように、骨盤が水平のままで、上体や腰椎は横にずらすこともできる。これなら壁に上体をつけても足が上がるわけです。
    呉式には型の中にこうした動きが入っています、右骨盤が棒より左側にあるのに、上体は右にスライドしている。こうした骨の柔らかさが太極拳の動きには求められます。
    | BUDO-STATION | 20:13 | - | - | - |