RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< タピオカ店も出る忘年会 | main | 倉本塾忘年会の試し割りと武術観 >>
ブドステの大嘗祭は密かに
0

    野沢君が高田の馬場駅で竹内先生夫妻とばったり。大嘗祭のお祭りに参加するためだったようですね。

    そう、今日は大嘗祭。宗教と政治の分離を騒ぐ人がいますが、バカですねえ。

    憲法ができたのは数十年前ですが、天皇が日本を作ったのは千年以上前ですからね。

    大嘗祭も千年以上の歴史があります。

    というわけで、私も野沢君と駒込のとんきで、今年の豊作を祈りました。

    というのはウソで、本当は第5週の金曜はブドステのクラスが休みになるので、野沢君と羽を伸ばしに行ったのでした。

    ここのとんきは本店と味は同じなのに混んでないし、近い。まさに隠れ家的な店なのであまり人に教えたくない。

    ロースはカリッカリッに揚げて中の肉もカリッ。もはや他のカツ屋のロースとは別物。値段もヒレと一緒ですが、馴染み客は皆ロース。盛り付けも綺麗で毎回感心します。ご飯も食べ放題で、一杯平らげる度におかわりいかがですか?と綺麗なお姉さんが聞いてくるのもとんきならでは。

    ロース1800円と値上げしてたけど、やはり伝統の味とサービスは費用対効果から考えても高くはない。

    やすけりゃいいってもんじゃないですもんね。

    この色彩のバランスにまずは感動。味のバランスも一流店ならでは。


    | - | 20:04 | - | - | - |