RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< パニックを防ぐのが武術である | main | ウィラサクレック会長の格闘技眼 >>
武術の極意は共通する
0

    呉式太極拳の秘伝、開花捶。相手が突いてきたら、カウンターで突くと同時に化勁を使い、相手の五行に勁を通します。相手は崩れながら飛んでいくことになります。

    沈剛先生の拳はフワリと柔らかく握った柔軟なもの。まさに太極拳らしい突きですが、多くの人はそんな技があることさえ知らないでしょう。

    BUDOカレッジでは、こうした技も公開していきます。

    さて、沈剛先生の撮影は日曜でしたが、火曜の今日は川嶋先生の崩導の撮影。なんと、崩導はフワリとした柔らかい拳を使う超実戦武術。計らずも中国と日本の武術の最高峰は、同じ境地に達していると言うことでしょうか。

    崩導は、あらゆる武術の到達点を理論化した武術と言えそうです。真剣に武術を追求しようとした時、川嶋先生の理論は本当に助けになる。

    その武術のエッセンスを凝縮した崩導は、5月からブドステで土曜日の夜7時から8時半の正式クラスとして登場予定。楽しみにしていてくださいね。

    沈剛先生が開花捶。相手のパンチに対し、

    フワリと突いて吹き飛ばす。詳しくはBUDOカレッジで。

    こちらは川嶋先生の崩導の本拳。やはりゆっくりと打つだけで体内に効かせます。

    | - | 21:38 | - | - | - |