RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< ウィラサクレック会長の格闘技眼 | main | 浸透勁はコロナより強い >>
コロナの勝ち方は武術に聞け
0

    三浦瑠璃が、政府のコロナ対策は専門家の意見を聞きすぎている、と発言し、炎上してるみたいですね。

    しかし、私も三浦瑠璃に賛同。格闘技をやってる人には、顔面無しの選手が初めて顔面ありの試合に出た時みたい、と言えばわかりますね。

    えっ、余計分からない?

    顔面なしの選手は試合で顔を打たれないことに執着し、全身が隙だらけで結果、ボコになることが良くあります。

    武漢コロナの死者数は100人。インフルエンザは約1万人。しかし、この時期日本でパンデミックが起きる感染症はこちらではない。

    そう、自殺者の増加。統計では年間3万ですが、これは遺書を書いた人。書いてない人は変死扱いになり、約15万。合わせて20万近くが毎年自殺してます。コロナより怖い。

    倒産して自殺と、武漢コロナで死ぬのとどちらがいいか?と究極の選択を迫られれば、多くの人が前者のがイヤ、周りに迷惑かけるし、と言うでしょう。

    自粛要請で肝心の経済と国民の精神の健全性が損なわれ、おそらく今年の自殺者は変死を含めて40万近くいくでしょう。まさに顔面隠して全身隙だらけ。

    典型的な負けパターンです。だから、政府はコロナに勝ちたかったら、感染症の専門家だけでなく、喧嘩術や武術家に、勝ち方を聞くべきでしたね。

    ブドステは武術的な勝ち方を指導できるので、休みません。実用的な危機管理術であるクラヴマガの生徒さんも頑張ってます。


    | - | 14:54 | - | - | - |