RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 癒しのオススメユーチューブ | main | 今日は65歳の誕生日です。 >>
寸勁は発勁や戦闘法と不可分。
0

    生徒が少ないと個人教授となり、秘伝全開となります。今日は2種類の寸勁を基本から。

    寸勁は、相手の攻撃をどうかい潜り、当て、利かすか、がポイント。寸勁だけが独立してあるわけではありません。

    正しく学ぶと、寸勁は非常に使いやすい。武壇八極拳では、他派とは違い、この使い易い寸勁を中心に技術と戦闘理論が組み立てられています。

    基本は伸肩法。そこから内門に入る十字手。聴勁を利かせながらの突き。当たってからの浸透のさせ方。引きと変化。

    実戦ではこれらのどれ一つ欠けても使えません。だから寸勁ほど名が知られているのに、使い方が誤解されてる技法はないでしょう。

    拳法はここからが面白くなってくるのです。

    ちなみに、ブドカレの八極拳オンライン第二期では、こうした技術も全て公開してしまうので楽しみにしていて下さいね。


    短剣を両手に持つと手首のスナップでごまかせず、正しく肩を出せる。


    引き手の肘は少し張る。これで突きが伸びるし、相手の門も崩せる。


    格闘技のように当たった瞬間にインパクトを入れない。そっと触り、内部で爆発。すると受けた人間は翌日高熱です。


    これは右肩の縦回転寸勁。六合蟷螂や形意拳で良く見られる。八極では虎の動き。


    右肩を下へ落とす動作が相手の左手を払う動作となり、大繵やカオに繋がる。これが八極コンビネーション。

    | - | 19:30 | - | - | - |