RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 寸勁は組み手で使うと恐ろしい威力 | main | ムエタイの肘とカウンター >>
ムエタイの肘には発勁がある。
0

    日本人がうまくできないムエタイ技の一つが肘打ち。日本では肘ありルールが少ないので、どうしてもノウハウの蓄積がない。

    きょうは、縦肘と横肘をウィラサクレック会長に教わりましたが、いずれの肘もポイントは胸を張ること。身体全体を大きく伸び上がるように使う。マニアならもうピンと来ますね。そう、肘打ちの瞬間に胸を張るのは、武壇八極拳の特徴。我々はこれを順式呼吸、フンの呼吸と呼びます。昔から肘打ちは胸を張ると教わってきましたが、まさかムエタイの極意も同じとは。

    縦肘の動きはアッパーの時と同じ。体幹はどちらも胸を張る。タイ人のアッパーのフォームは昔からきれいだな、と思っていましたが、なるほどこんな体幹の使い方をしていたからですね。

    ムエタイにも武壇と同じ発勁動作があったと言うことですね。


    胸を張り、身体で弓を作る横肘。


    縦肘は、胸を張りつつ、身体ごと飛び込む。


    全くアッパーと体幹の使い方は同じ。


    ウィラサクレック会長の秘伝。ケンカの時にはごめんなさーい!と言いつつ縦肘。しっかりガードしてるので、自分は安全。胸を開くと一発で相手はノビます。

    | - | 18:18 | - | - | - |