RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 手を触れぬ気の力は使えます | main |
大八極には八極の戦闘理論が隠されている
0

    今日は八極オンラインクラス第二期の撮影。コロナ休みは有効に生かさなきゃいけませんからね。

    第一期は基本から小八極まででしたが、第二期は、八極の戦闘理論から始まり、大八極、六大開、八極連環拳までの最終段階までを紹介予定。

    今日も、五気朝元や爆発勁、十字手、捨身法など、秘伝を解説してしまいました。

    具体的な技術と結びつけて説明しないと日本人にわかりにくいですからね。

    大八極はシンプルですが、徹底して研究すると、非常に味のある套路。

    今では伝わっていない、昔の武壇の大八極の型も紹介。用法は無限です。

    自分の学んだ武術をこうやってまとめて紹介すると、スゴイものを自分は松田先生から学んでたんだな、つくづく実感します。

    最近は心からそう思えるようになったのも、自分が多少でも進歩したからですかね。

    本物の武術はやればやるほど面白くなってきます。


    大八極の弓歩左探掌。右手で突きを受け、


    払う時が畜勢。左手は正中線。胸は丸い。

    左カカトを

    中心に発勁。距離がなくとも相手に触れて、

    その後で爆発勁。槍の戦闘理論にのっとっています。

    | - | 20:32 | - | - | - |