RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 恐るべき南派の知恵 | main | トランプの兵隊は凄い! >>
武術脳で練習せよ。
0

    武術と格闘技と何が一番違うか。

    色々ありますが、格闘技の人が間違いやすいのが間合い。そもそも喧嘩や街での戦いが離れて始まることはありません。60センチのパーソナルスペースを破られたから喧嘩になるのです。

    だから構えは実戦や護身にはなし。

    武術にもなし。強いて言えば塔手のように手を触れるくらい。これはパーソナルスペースからの戦いを練習する為です。

    また、格闘技の人が陥りやすい間違いがパンチから急にプッシュ、とかパンチから急に掴み、など格闘技ジャンルを超える攻撃が来ると対応できなくなる。これは怖いですねえ。

    実戦には打撃や投げなどのジャンル分けがないのに、格闘技に慣れると身体と脳がジャンルごとに反応してしまう。

    突然そのジャンルの反則を行うとフリーズしてしまうのです。

    一度格闘技を捨てないとダメですね。間合いからインプットしないと。だから拳功房は60センチの間合いから。本当は太極拳の推手も意味がわかればムチャクチャ喧嘩に役立つ。実戦的なんですよ。


    60センチの間合いを破られた戦いはグチャグチャの掴み合い。肘と頭突きを要注意。こんな時には太極拳の金鶏独立。


    アゴを突き上げた後足を掛けて後頭部から床に叩きつける。一発KOですね。しかし、打撃でも投げでもない攻撃。これが本当の総合技です。


    推手の間合いからの塔手。本来は60センチのパーソナルスペースでの攻防感覚を磨くものです。


    相手が流したらそのまま付いていって肘を入れる。


    次に肘を支点に腕刀。これが太極拳の第一動作、欄札衣。元々は推手の破法です。


    自粛期間が解けて、また道場に活気が戻りつつあるぞ。





    | - | 20:21 | - | - | - |