RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< カンフーは重力に勝てるのか。 | main | 八卦掌の推手は強いぞ。 >>
ゆっくりが一番速い。川嶋先生の大発見。
0

    川嶋先生の大発見。早速その内容を聞くと、なるほど大発見でした。おそらく太極拳や内家拳が理想とする身体操作と、その戦闘術理を初めて明らかにしたのではないでしょうか。

    呉式太極拳などでも、骨と骨を開くように、それが太極拳の勁を作る、と言う説明を聞きます。ただ、我々日本人は、骨と骨を開くと言っても、具体的にどういう身体操作をすればいいのがピンときません。

    また、陳家などでは、大きな繵絲勁を学んだ後、小さな抖勁に変えていくと言います。

    楊家はそれをゆっくり行う型になったと言われますが、ここのところが我々にはピンときませんね。

    川嶋先生ははっきり言います。ゆっくりだからできる。ゆっくりが一番速い、と。

    もちろんこのゆっくりは難しい。相対軸や内発動ができないと。でも、できるとこんな不思議なことができる。

    詳しく知りたい人はブドステ崩導クラスか、24日2時からの崩導演武会へ。一般千円の観覧はまだ可能。希望者は早めにフルコムへ。

    ただのゆっくりも、ムチ的な加速も相手に抑えられてしまう。


    しかし、体幹のある部分だけ速く動くと、ゆっくりなのに、相手の手は上がる。反応できない強い力が出る。まさに太極拳の究極の勁。太極拳の極意が理解できますよ。

    | - | 19:21 | - | - | - |