RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< ゆっくりが一番速い。川嶋先生の大発見。 | main | ウィラサクレック会長の腕折りキック >>
八卦掌の推手は強いぞ。
0

    太極拳の推手競技というものがあります。相手に押されても一歩も引かない。 

    足が動いたら負け、と言うルールですが、これは局面練習としては、良いのですが、競技化すると問題が生じます。ちょうど顔面なしで打ち合う練習は良くとも、競技化とすると実戦上の問題が生じるのと同じ。

    だから拳功房では、太極拳の推手を基本にしますが、それだけでなく、足を動かす八卦掌の推手も行います。推手競技と逆に居着いたら負け。実戦では必ず体は変えねばなりません。それができないと自由に戦うこともできない。

    今日は八卦掌の推手から、引進落空や、打陰陽両不接などの伝説の技に簡単に変化できる。そしてこれらが自由な戦いの中で極めて有効であることを練習の中で理解してもらいました。

    また、川嶋先生の練習法をヒントにし、棒を使った寸勁練習を考案。これも皆の理解を深めるのに有効だったようです。 

    生徒ができるようになると教える方も面白い。どんどん武術の深みに入っていきますよ。


    相手の腕を上に流すと同時に脇腹を打つ引進落空。


    そこから左右同時打ちの打陰陽両不接へ。


    こうした動きができると八極拳の過脳式が実は引進落空だと言うことがわかりますね。


    そこから手を相手の身体をすべらせ、点、線、面でカオ。強烈ですよ。




    | - | 22:21 | - | - | - |