RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 幸菜庵はパワースポット | main | ワクワク感第一の武打星拳 >>
槍の理が生きる八極の受け
0

    武術が格闘技と違う一番のポイントは、受けの違い。武術の場合、素手の受けは武器の理を応用。

    八極拳は槍の動きの応用です。

    槍の動きはラン、ナー、チャーが有名ですが、実際に相手が動き回り、どんな攻めをしてくるかわからない時、ポイントはラン、ナー、以前の動き。これを準と言います。

    動く相手の方向に、前足と共に槍のベクトルを常に向けておき、相手が攻めてきたら、まずはクロスするように接触。これが本来の十字手。ここからラン、ナーなどの崩しを行う。これがシャッ、シャッと音がすると言われる槍の攻防。

    難しいですが、どういう動きが理想なのかわからないと上達しない。

    八極の受けは纒手ですが、まずはこの十字の接触がないと実際には使えません。

    実際には、相手は何を打ってくるかわからないからです。

    相手の動きに合わせて前手を接触できるようになれば、槍と同じく、そのまま中心を刺してしまってもいい。これがいきなり突く冲捶になります。

    あまりにマニアックでついてこれる人は少ないでしょうが、秘伝なんてそんなものです。

    動く相手に準で接触。 


    ここからラン。


    素手も同じ。相手の腕に十字に接触すると、

    簡単に崩せる。これが武壇八極の受け。

    いきなりストッピング的に打つとただの冲捶。狙って打つのでなく、相手に合わさないとダメ。

    | - | 22:03 | - | - | - |