RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

<< 本当は休みなのに練習! | main |
内家拳の核動作を見つけた
0

    両肩の浮きと膝の抜き。落下しつつ蓄勢を作るのが、武術反応の第一。

    その発勁と呼吸が一番丁寧に入っているのが、八卦掌の纒絲勁。だから武壇の八極拳のみは八卦掌の纒絲勁を取り入れて内家拳的な動きをします。

    これはおそらく李書文ではなく、劉雲樵先生が採用したと思われます。

    しかし、この反応は八卦だけでなく、形意拳や太極拳、そして八極拳に有効です。

    なんと、内家拳の定義がむちゃくちゃ具体的です。この蓄勢ができれば、発勁は簡単なので、これこそ内家拳の核ではないか、と仮説をたて検証中。ポイントは動作だけでなく、脳を自然に任せること。ほとんど悟りの世界が見えてきましたよ。


    例えば格闘技と違い、武術はこんな近い間合いからでも強い力を一瞬で出さなくてはなりません。


    相手の右手がピクと動いた瞬間、私の両肩は浮き、身体も浮いています。


    落下しつつ肩が丸いまま突き。距離がなくとも、沈墜で相対軸的な強い突き。


    馬歩で初めて肩が落ち、発勁。


    太極拳にも応用可能。ついて来たら、肩を上げ膝抜き。


    その動作が防御と同時に体当たり。肘や肩が当たってます。


    陳式の欄札衣そのものになります。

    入り方さえ覚えれば全ての型が使えます。

    | - | 19:23 | - | - | - |