RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

山田英司の編集「武」日記

不思議なインストラクター用語のナゾ
0
    私はユーチューブなどで良くキックボクシングジムの指導風景などをチェックします。 そこでしばしば気づくのは、若いキックインストラクター独特の奇妙な日本語。 「力を抜いてあげて下さい」「肩を上げてあげて下さい」なぜ「力を抜いて下さい」「肩を上げて下さい」じゃダメなのか?しかも「あげてあげて」じゃ二回上げるのかと思っちゃいますよね。 今の若者の日本語が乱れとる!と言いたいわけではありません。文法的にはギリギリ間違っていませんが、なぜこう言う表現が若いスポーツインストラクターを席巻してるのか?その訳を知りたいだけです。 そもそも「〜あげる」という日本語は文法的には必ず主語が一人称になる授受動詞であり、受益者に感謝や恩恵を求めるもの。 「(私が)弟に靴を買ってあげた」と言うのは正しいですが、「弟が私に買ってあげた」はおかしいですね。ということは、例えば「肩を上げてあげて下さい」という場合、一人称の私が、自分の身体に感謝や恩恵を求めていることになります。これはある意味凄くないですか。 私はこの表現の裏には今流行りの犬やペットを「うちの子」と呼んだりする擬人化ブームや、自己の身体をメタ化するマインドフルネスのブームも関係しているかもしれない、とも考えました。 もともと「〜あげる」の表現は数十年程前の女性用シャンプーのCMで「髪に潤いを与えてあげる」という表現がヒットし、美容業界に浸透したようです。 近年のキックジムは女性がフィットネス目的で来ることが多く、キックジムのインストラクターも、女性におもねる表現として、美容業界の「〜あげる」を連発し、奇妙なインストラクター用語が出来上がったのではないか、というのが私の推論。あ、あと若いキックインストラクターがあまり国語を勉強してこなかった人が多い、という可能性もあります。やはり文武両道が大切、という結論になるんでしょうか。
    女性におもねる表現を使いたくなるのは、男としてはわかります。
    | 日常 | 18:50 | - | - | - |
    川嶋理論が李書文の技を解明する
    0
      川嶋先生登場。川嶋先生は年末、ナイハンチをさらに掘り下げ、武術の究極の突きの形態をあきらかにしました。 その前提として、間も無く発売される川嶋先生の気の研究の成果を理解しないといけません。武術として、見えない気をどう生かすか?という具体例をこの本で紹介していますが、その理論に沿ってさらに追求すると今回のような結論になる、という報告でした。 武術とは、詰まるところ、合理的な殺人術である、とは松田先生の言葉ですが、川嶋先生のお話しを聞いていて、松田先生のこの言葉を思いだしました。 なぜなら、川嶋先生の研究は李書文が軽く打っただけで相手が絶命した、などの逸話を科学的に裏付ける研究でもあります。また、私がオンラインクラスの特典映像で紹介した昔の猛虎硬爬山の打撃法が極めて危険であることの科学的根拠を示すものでもありました。 これらを総合すると、劉雲樵先生や滄県誌で伝えられる李書文の逸話も充分信憑性がある、と思われます。 私も半信半疑に思っていた様々な逸話が、いきなり目の前にリアルに現れてきて、衝撃を受けました。私が松田先生に学んでいた武術はそんなに奥深いものだったのか?ということを川嶋先生に逆に教えられた気がします。 武術に対する認識をまた、新たにしなければいけないかもしれません。 相手と手を接触し、
      強く打とうとして肩に力を入れたら、もう相手は予測してしまう。
      力を抜いて相手の身体に浸透させる。この時、正拳ではなく、女の子が拳を握るような手の形にすることが大切。人体は柔らかいのです。
      また、反対の手はいつでも背刀で後頭部を狙えます。

      気合いや目線は大切。相手に向けないと、相手は予測ができません。これも気の応用です。
      波返しの足刀。これも八極拳の斧刃脚と同じ。相対軸を使うと恐ろしい蹴りとなります。
      | 武術理論 | 22:22 | - | - | - |
      今日は突然新年会。
      0
        今日は2日ですが、養生気功太極拳と壮健長生内家拳。さすがに誰もこないだろうな、と思っていたらTさんが普通に登場。Tさんは空手の猛者で、育った文化が我我と似てるので、稽古が終わったら、タバコを吸いつつ、ビールで我我だけの新年会をしようということにしました。 すると、なぜか竹内太極拳クラスのOさんが、手作り料理とシャンパンを持って道場に差し入れに来てくれる、との連絡。 と言う訳で今日は突然、昼間からTさん、Oさん達と豪華な新年会。 フランスでの生活が長いOさんの本格的な手作りフランス料理に一同感激。 皆、アラヒフやアラシックスなのに、ガンガン飲んで食べて本当に元気です。 Tさんは私の気功のクラスの他、野沢君のマーシャルボディにも参加し、ここ2ヶ月体調が良くなったそう。Oさんも竹内太極拳でますます元気。 ブドステの一つの狙いが年輩の方々の健康作り。通っていただいて元気になった。健康になった。仲間ができた、と言ってもらうのが本当に嬉しい。 武術仲間との話しは本当に楽しい。今年もアラヒフ、アラシックスの仲間を増やしていきたいですね。
        私の初めての自撮りはなんかぶれてる。
        Oさんオススメのボルドーシャンパン。ブドステのアネゴなのでいつもお世話になってます。
        | BUDO-STATION | 21:19 | - | - | - |
        格闘技みながら忘年会
        0
          今日はフルコムの忘年会。いつものメンバーに、ジークンドークラスのメンバーが集まり、賑やかな会に。ジークンドークラスは大晦日にも普通にやってるのが凄いですね。 ま、拳功房も大晦日や元旦に練習してたことがありましたけどね。 由井さんや竹内先生、田口先生らも集まり、みんなで格闘技観戦。 もちろん天心、メイウェザー戦がお目当て。 しかし、メイウェザーは良かったですね。やはり頭がいい。エキジビジョンと銘打たれた試合は当然いつものようにアウトボクシングで流すと私も思っていました。 那須川選手もそうした動きを想定して練習していたと思いますが、なんと突然足を止めて打ち合うファイターに変身。こうなったら体重差が出てあっと言う間にKO決着になります。那須川選手の良さを一切出させない非情な選択を躊躇なく選択できるのは立派。 それに比べて体調管理ができなかったRENAはプロとして情け無いですね。 全体的に今年の大晦日の格闘技はボクシングも含めて低調。今年はk-1もゴタゴタが続いてパッとしなかったし、格闘技界の盛り上がりはイマイチでしたね。 2019年は盛り上がってほしいなあ。
          いつものメンバーで気楽な飲み会です。
          そこに練習の終わったカリ・ジークンドークラスの生徒さんが乱入。
          そのまま年を越してしまったので、西日暮里の諏訪神社に。
          | 日常 | 03:12 | - | - | - |
          拳功房昇段審査と忘年会
          0
            今日は拳功房の審査会&ブドーステーションの初の忘年会。 審査会は金子君が太極拳の3級、佐藤君が蟷螂拳初段にチャレンジ。昇段審査は空手と同じく厳しい組み手審査があります。 佐藤君は基本、移動、型三種、対打の審査のあと、黒帯4人と1人1分半のスパーを戦い抜かねばなりません。 1人目は和尚江波戸と激しい打ちあい。2人目はタイでKO勝ち経験もあるハードパンチタオル中島の猛攻をしのぐ。3人目はやはりタイで勝ったマシンガン南山を気合いで押しこむ。最後の4人目はジークンドーからの刺客、竹内一馬先生が登場し、その猛攻の前についに膝をつくが後半猛反撃。 見事に戦い抜きました。 夜からの忘年会は、竹内一馬先生、沈剛先生、瀬戸先生、天田先生、宮岡先生の他、喧嘩術の林先生、相対軸理論創始者の川嶋先生も登場。 道場で車座で飲んで食べて大騒ぎ。皆気心の知れた仲間ばかりなのでこんな楽しい会は久しぶり。いや、朝から興奮したなあ。
            佐藤君の昇段審査1人目は和尚江波戸。互いのパンチがバスンバスン入ってました。
            ハードパンチャータオル中島のパンチをまとめに喰らったらヤバイ。
            マシンガン南山に立体攻撃で攻める。
            ジークンドーからの刺客には、ついに膝をつく。竹内一馬先生の猛攻。
            審査を終えて記念撮影。
            こちらは忘年会。各先生方と記念撮影。
            顧問の由井さんが高尾山の事業繁栄お守りをもらって来てくれました。
            松田一派の藤原さんやオンラインクラスの生徒さん、幸菜庵の三ツ山さんも特別参加。楽しい顔触れです。
            | BUDO-STATION | 00:36 | - | - | - |